ボートSLJでキジハタ&マゴチ手中 メーター級サワラヒットもバラし

ボートSLJでキジハタ&マゴチ手中 メーター級サワラヒットもバラし

福岡県糸島からプレジャーボートでSLJに行きました。サワラのバラシには凹みましたが、本命マゴチはゲットできたので、その模様をお届けします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

サワラ狙いのボートSLJゲーム

8月前半、若潮。福岡県糸島から、プレジャーボートでSLJ(スーパーライトジギング)に行きました。夜中でも気温が25度を下回らない日が続いており、35度を軽く超える日中の暑い時間をさけて、午前6時~10時までの短時間勝負です。

6時に港を出発。風があるのでゆっくり移動し、今回のポイントに到着して様子を見ると、青物の気配はありません。

ボートSLJでキジハタ&マゴチ手中 メーター級サワラヒットもバラしタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

まずはサワラをターゲットに、SABAYAN60gをフルキャスト。着底したら高速巻きをしていきます。

サワラヒットもライン切れ

2投目、60m出ていたラインを半分ほど巻き上げた辺りでガツガツとアタリを感じ、フッキング。サオから伝わる引きに「サワラかもしれない」と期待をしながら寄せていきます。あと10m、5mと近付いて姿が見えてくると、やっぱりサワラ。軽く1m超えの大物に大興奮。

しかしタモを用意していなかったのに気が付いて、慌ててタモを取りに行っている間に痛恨のライン切れ。サワラの鋭い歯でラインを切られてしまいました。

底付近でアオナヒット

気を取り直して、マゴチのポイントに移動。底をトントンたたきながら探っていきますが、なかなか反応がなく厳しい状況です。

あきらめずに底を探っていると、仕掛けを入れ直して着底させたところで、ゴンッとひったくるようなアタリを感じ、フッキング。「マゴチかな」と期待をしながら上げていくと、根魚が上がってきました。

よく見るとアオナで、30cm以上はありましたが、今回のターゲットはマゴチなので、エア抜きしてリリース。

次のページで待望のマゴチ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。