タイラバで70cm大型マダイ浮上に満足 超微速でのタダ巻きにヒット

タイラバで70cm大型マダイ浮上に満足 超微速でのタダ巻きにヒット

愛知県・南知多から出船の遊漁船に乗船しタイラバを楽しんだ。70cmの大ダイのほか、食べごろサイズにイシモチなども釣れた当日の釣りをリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・佐久間由郎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

南知多発でタイラバ

今年で13回目となる伊勢湾ジギングバトルにエントリーするため、釣友の廣濱さん(通称ハマちゃん)も誘って、愛知県・南知多から出船の遊漁船に8月8日に乗船。当日はコロナ対策でハマちゃんとは現地集合。午前5時ごろに船長が来て、予約順で席を決めていく。私は右舷トモ、ハマちゃんは隣だ。

ポイントは近場ということなので、急いで準備をする。私のタックルは炎月BB・B69M‐SにPEライン0.8号、リーダー4号を巻いた炎月CT-151PGという組み合わせだ。

タイラバで70cm大型マダイ浮上に満足 超微速でのタダ巻きにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・佐久間由郎)

デッドスローでただ巻き

5時40分に出港し、10分もたたないうちにポイントに到着。船長から「水深は20m。ヘッドは80gで開始してください」のアナウンスでタイラバを投入すると、ラインが前方に流れていく。

タイラバで70cm大型マダイ浮上に満足 超微速でのタダ巻きにヒットこんな近場です(提供:週刊つりニュース中部版 APC・佐久間由郎)

タイラバが着底したらすぐに巻き始め、底から10mくらい巻き上げてアタリがなかったら、また底に落とすという繰り返しだ。

タイラバの場合、誘いは必要なく、ただ巻くだけなのだが、その巻き上げスピードがキモ。船長から「デッドスローが有効」とアナウンスがあったので、ゆっくりと巻き上げる。

1匹目は食べごろサイズ

しばらくすると船長から「回収してください」のアナウンスで流し替えだ。今度はラインが船下に入っていく。流し替えごとに船の向きを変えるドテラ流しで攻める。

ラインがかなり船下に入っていくので、体を乗り出してラインが船底に擦らないようにして巻き上げていると、コツコツとしたアタリが出た。

タイラバの基本はアワセをしないこと。ジッと我慢でロッドが大きくしなるまで、同じスピードで巻き続ける。ようやくグッーとロッドがしなったので、ここで軽くアワセを入れて巻き上げ開始だ。

途中ココンココンという特徴的な引きを見せてタモに収まったのは、目の下1尺の食べておいしいサイズの本命だ。30分後にはハマちゃんも小型ながら本命を釣り、満足げな表情だ。

タイラバで70cm大型マダイ浮上に満足 超微速でのタダ巻きにヒットハマちゃんも本命ゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・佐久間由郎)

次のページで大ダイ登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。