東京湾「コマセワラサ」釣り絶好調 トップ10尾超えで早上がりも

東京湾「コマセワラサ」釣り絶好調 トップ10尾超えで早上がりも

東京湾剣崎沖に登場したワラサを狙いに、瀬戸丸から出船。まさに絶好調の釣れっぷりを見ることができたので、その模様をリポートしたい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

瀬戸丸でワラサ釣り

7月半ばから東京湾剣崎沖にワラサが登場。数年前にも同時期から釣れ始まったことはあったが、そのときはイナワラ級が主体だった。しかし、今年は3kg超ばかりで釣趣抜群。同沖の人気ナンバーワン魚種だけに、連日ファンが押しかけ熱いバトルが繰り広げられている。

8月22日(日)5時半、港前に待機していた鈴木弘大船長操船の第18瀬戸丸は、僚船とともにフルスロットルでポイントへと向かう。

船長から「タナは上から36mまで落として30m。魚を船下に着かせるためにコマセは手返しよくどんどんまいて」と、指示がでて戦闘開始。

東京湾「コマセワラサ」釣り絶好調 トップ10尾超えで早上がりも出船場所略図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

静かなスタート

朝イチの入れ食いタイムを期待したが、竿は曲がらず静かなスタート。しばらくして、右舷でヒットのアナウンスがあると、左舷胴の間の藤田さんにアタリ。

船長の「1人アタると2、3人くるよ」の言葉通り、さらにヒットは続く。

東京湾「コマセワラサ」釣り絶好調 トップ10尾超えで早上がりも藤田さん(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

ワラサとのやり取りと手返し

ただし、複数人が同時に食わせると、オマツリのリスクが高いので、掛かったらガンガン巻くのがセオリー。そのためハリスは8号6m。朝のうちは10号でも食ってくるらしいので、リールのドラグは締めて速巻きを心掛けたい。

また、仕掛けが絡んだときは、時間を掛けて解かず、ハリスをすぐに切って次に備えるのがベスト。そのため予備は十分に用意したい。

東京湾「コマセワラサ」釣り絶好調 トップ10尾超えで早上がりもタックル図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

潮上でもワラサ連発

藤田さんは同宿の古くからの常連だけに、危なげなく1尾目ゲット。朝は右舷側に潮が流れ、潮上の左舷は不利のはずだが、すぐに2尾、3尾と追釣して腕の冴えを見せる。

左舷ミヨシ2番の飯塚さんもマダイ狙いで通う一人。はやくも7尾釣り上げたというサインを送る。

東京湾「コマセワラサ」釣り絶好調 トップ10尾超えで早上がりも飯塚さん(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページでは最終釣果を発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。