リバーチニングで40cm頭にチヌ3尾 黒い『カニワーム』が当たり

リバーチニングで40cm頭にチヌ3尾 黒い『カニワーム』が当たり

熊本県天草市本渡にある町山口川でチヌを狙った。濁った川のカーブのインサイドを、黒カニワームで攻めて本命チヌをキャッチした当日の釣りをリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

天草でチニング

8月1日、午後5時30分には熊本県天草市・本渡の街中を流れる町山口川に入る。

「下げか~。上流は~」いったん祇園橋まで見に行くが「水ない~。チヌいなーい、下流だな」。すぐに上流側を見切り、下流に。

リバーチニングで40cm頭にチヌ3尾 黒い『カニワーム』が当たり町山口川広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

チニングのタックル

川が曲がっている所からスタート!今回は川がコーヒー牛乳色に濁っているので、使うワームは、いつもの茶ガニではなく黒カニ。

このブラックカラーは濁りのときはシルエットがはっきりし、アピールカラーに。逆に濁ってなくてもアピールすぎないナチュラルカラーにもなる万能ワーム。

リバーチニングで40cm頭にチヌ3尾 黒い『カニワーム』が当たり当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

黒カニをいつものリグに刺して、まずは対岸のシャローにチヌがいないか探すと「ん~、ありゃチヌだな。でも泳いでるだけか~」。

対岸の壁に当て、ゆっくり引いてきて入水……。「まさにカニ(笑)。逃げた(笑)」。やはり泳いでる個体はエサを食いたくないのか……。

インサイド狙い25cmキチヌ

次は川が曲がっているインサイド(内側)を狙う。アウトサイド(外側)でも釣れるが、ズル引きで狙うためにインサイドをわざと攻める。

川のインサイドは流れが緩く、小さい石や砂がたまる。逆にアウトサイドは流れがきつく、大きい岩などがあり、砂や小石はない。底をズル引きするには引っ掛からないことが前提であり、引っ掛かる所をズル引いてしまうとポイントが荒れる=釣れない。砂や小石などは引っ掛かるリスクが少ないために、ズル引きにはもってこいの場所。

チヌがテーリング(尻尾を上げて頭を底に向けている状態)するのは、比較的流れが緩い所か上げ潮のとき。流れがきつい所ではテーリングするのにも体力を使い、エサ探しどころではない。また、上げ潮を利用すれば潮の力で楽にテーリングができ、エサ探しも楽なのだろう。「チヌも考えてエサ探しよるっちゅーことな~」。

インサイドにキャストし、小粒の石の上をカニが歩いてるようにサオをサビいていると「グッ……」「食ったやろ(笑)」「ほら、乗った~!」「ジッジッジィー!」「ドラグ緩すぎた~!」「小さいな、小さいから元気! 走るな~」。上がってきたのは25cmほどのキチヌ!「はいサンキュー、バイバイ。次!」。

次のページで40cmチヌ登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。