今さら聞けないシーバスゲームのキホン:夏の「イナッコパターン」攻略法

今さら聞けないシーバスゲームのキホン:夏の「イナッコパターン」攻略法

夏になるとイナッコが大量発生!それらを追ってシーバスのスーパーボイルが起こります。しかしベイトが多すぎてヒット率は極端に低いのも事実。ここではその攻略法を紹介します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー ショア

イナッコパターンとは

イナッコとは、出世魚であるボラのことであり、その幼魚を指します。ちなみに、ボラはハク→イナッコ→イナ→ボラ→トドと大きさによって名前がかわります。

基本的に海水エリアから淡水エリアまでどこにでも生息し、大きな群れで水面に浮上しています。

このイナッコパターンが始まる時期は、私のホームポイントでは大体6月からです。目安としては、気温上昇で海に赤潮が発生したり、カラス貝でクロダイが釣れ始める時期と重なります。

私のイメージですが、ホームの衣浦湾では、水温上昇で4月から5月くらいに湾内にいるシーバスが、沖(伊良湖方面)に出て行く群と河川に上って行く群の二種類に分かれると考えています。

イナッコパターン狙い場所

釣り場となるフィールドは、川幅30mほどの小規模河川を狙います。河川の幅が狭くなればなるほど、ルアーとシーバスをバッティングさせる可能性は高くなるので有利になると思います。

今さら聞けないシーバスゲームのキホン:夏の「イナッコパターン」攻略法小規模河川のライティングスポット(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

特にライト下では夜になるとイナッコが集まりやすく、それらを追ってシーバスも集まりやすいです。

イナッコパターンのルアー

さて、このイナッコパターンで使用するルアーは、2種類あります。

ベースとなるのは6~8cmのベイトよりサイズ感の少し大きめのミノー。

今さら聞けないシーバスゲームのキホン:夏の「イナッコパターン」攻略法ベイトのイナッコより少し大きいミノー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

または10cm前後のトップウォーターペンシルです。

今さら聞けないシーバスゲームのキホン:夏の「イナッコパターン」攻略法トップウォーターペンシル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

次のページで基本の釣り方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。