【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上

【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上

三重県から沖釣り最新釣果情報が入った。ハタゲームで50cm級オオモンハタが堂々浮上。ほか3kg級カンパチやワラサ連打など活況の様子。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:フィッシング光栄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

山洋丸

パヤオのツナゲームをメインに出船している三重県鳥羽市本浦の山洋丸だが、近海便のジギングも面白くなってきた。1日は鳥羽沖へ出船し、サワラ、ワラサ連打にマダイ、ハマチ、アジ、サバなどがヒット。マグロもいいが、鳥羽沖の青物&サワラもがぜん熱くあってきたようだ。

【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上ヒラメも出た(提供:山洋丸)
▼この釣り船について
山洋丸
出船場所:山洋丸桟橋

強丸

三重県鳥羽市安楽島の強丸では、2日タテ釣りで出船。朝からボチボチヒットがあり、青物&マダイをキャッチ。釣果のほとんどが前半に集中したようで、皆さん土産は十分だったようだ。鳥羽沖のタテ釣りはまだまだ好調。

【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上マダイのほか青物も釣れお土産十分(提供:強丸)
▼この釣り船について
強丸
出船場所:鳥羽港

光栄丸

三重県・南伊勢町礫浦の光栄丸では1日、スーパーライトジギングで出船。この日の目玉はなんといってもカンパチだ。そう、シオではなく3kgの立派なカンパチが上がった。他にヒラメやオオモンハタ、アカハタ、マハタ、イラ、ホウボウなどが上がり多彩な釣果となった。

【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上3kgの立派なカンパチも登場(提供:光栄丸)
▼この釣り船について
光栄丸
出船場所:礫浦港

エヌテックマリン

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリンでは、ハタゲームが佳境を迎えている。2日は中瀬さんらがオオモンハタ51cm&47.5cmをキャッチ。また夏魚マゴチも狙いめ。高倉さんらが65cmを筆頭に3匹そろえた。タイラバも面白い。茂木さんらはマダイ61cmにアマダイ40cm、メイチダイ、ホウボウなどを仕留めた。

【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上50cm級オオモンハタ浮上(提供:エヌテックマリン)
▼この釣り船について
エヌテックマリン

フィッシング光栄

三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄では、1日稲森さんがレンタルボートで出船。見事に50cmのビッグオオモンハタをゲットした。ほかにアカハタやアオリイカもキャッチした。夏の三浦沖はハタゲームが熱い。フィッシング光栄ではほかに夜のイカメタルやアジングでも出船している。酷暑の夏はナイトゲームもオススメだ。

【三重】沖釣り最新釣果 ハタゲームで50cm級オオモンハタ続々浮上50cmのオオモンハタをゲット(提供:フィッシング光栄)
▼この釣り船について
フィッシング光栄

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。