100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】

100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】

三重県・南伊勢・古和浦湾へ、SUPフィッシングに出かけた。前日の夜に楽しんだ紀伊長島のアジングとともに、気ままな夏のライトゲームをレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

紀伊長島港でアジング

7月22日は海の日。当然、こんな日は海を満喫するに限る。という訳で車にSUP(スタンドアップパドルボード)を積み込み、前夜から出かけた。

最初に向かったのは紀伊長島港。午後11時ごろから常夜灯周りでアジを狙うが、潮止まりのせいか水面は静かだ。

まずはジグヘッド0.8g+パワーイソメで探るが反応はない。

潮が動くと小アジ登場

ところが、潮が動き始めると同時に小アジらしい群れが登場。群れの中を通すと一発で食ってきた。

ここからヒット連発。ただ食いが浅いのか、バラシも連発する。そこでジグヘッドを0.4gに変更するが状況は変わらない。腕の問題と言えばそれまでだが、それだけは認めたくないのが釣り人というものなのだ。

手を変え品を変え、苦戦していると突然アタリが止まった。まだ潮は動いているし群れもいる。こんなことは前にもあったが、アクションやレンジを変えれば食ってきた。ところが、今回は何をしても反応がない。

そんな時は素直に諦めるのが正解。次の予定もあるので、ここで終了とした。

結局夜の部は2時間ほどで13~14cmのアジを14匹と、他に小サバやセイゴが少々。

100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】アジは13~14cmが14匹(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)
▼この釣り場について
紀伊長島港

古和浦湾でSUPフィッシング

翌朝は南伊勢方面に移動。漁船や遊漁船が出払ったころを見計らい、6時半ごろに古和浦湾の奥からSUPでこぎ出した。といっても沖まで出る訳ではなく、見える範囲内の岸際を中心に探っていく。

100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】陸っぱりでは狙えない岸際のブレイクを探る(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

100均マイクロジグで挑戦

ルアーは100均のマイクロジグ5g。今回はこれ一本勝負だ。ハリはテール側を外して前1本だけ。岸側にキャストし、水中に見えるカケアガリの斜面に沿って、リフト&フォールで沖に向けて探っていく。

100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】SUPフィッシングタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページでSUPで多彩な魚種がお目見え

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。