今週の関東ヘラブナ推薦釣り場【長野県・中綱湖】

全国的に猛暑日が続いているが、標高が高い釣り場なら涼しく低湿度のなかで釣りができる。長野県大町市にある標高約800mの中綱湖は魚影も濃く緑もたっぷりの好環境。陸釣りで手軽に狙えるし、それなりに魚のIQも高い。北アルプス連峰も眺められるので、天気予報とにらめっこしつつ出かけてみてはいかがだろうか。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

概況

長野県大町市にある中綱湖は海抜820m、周囲約2.25kmの小型自然湖で、おもな流入河川は農具川。

これが上流の青木湖から流れ込み、そのまま流出河川となって木崎湖へ注ぐ。
これら3つの湖を総称して仁科三湖とも呼ばれている。

湖の西側は北アルプスが連なり、残雪をかぶった名峰が連なる。
しかし釣り座からはその全容を見ることができないのが残念。
ただ周囲は田んぼと森に囲まれ、標高の高さと相まって清々しく釣りができる。

三湖の中ではもっともヘラの魚影が濃く、アベレージサイズは尺前後。

透明度は4m前後だが、意外に魚は上ずりやすくエサを打っていると水面直下に魚影が見える。

次ページでポイントと釣り方を解説!