釣行時の「意外と便利な」ツール:偏光サングラス 水の中が丸見えに?

釣行時の「意外と便利な」ツール:偏光サングラス 水の中が丸見えに?

釣りをする時、サングラスはつけていますか?釣りの時は、一般的なサングラスよりも、「偏光グラス」を使うことをおすすめします。ここでは偏光グラスについて解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

無道寺辰哉

伊豆エリアを中心にソルト・リバー・レイクのフィールドを釣り歩いています。青嵐ルアーフィールドスタッフ。

×閉じる

その他 お役立ち

サングラスと偏光グラス

通常のサングラスは、太陽光と紫外線を遮断する「UVカットサングラス」というものになります。

目を守るという点では十分な機能を持っていますが、釣りをする場合は太陽光を直接防ぐよりも、水に反射した光を防がなければならず、その反射光を防ぐのに「偏光グラス」が必要になります。

水に反射した光は、通常の太陽光のように真っ直ぐな光ではなく、波によって乱反射された不規則な光を放っています。

一般的なサングラスは、単純にレンズに色をつけて光を防ぐのですが、反射された光を防ぐことができず、特殊な偏光フィルターをレンズで挟み込んだ偏光グラス必要になるのです。

偏光グラスの選び方

偏光グラスを手に入れる際、レンズの色には気をつけていただきたいです。レンズの色によって効果が変わってくるため、自分が欲しい機能を知った上で選んでみてください。

釣行時の「意外と便利な」ツール:偏光サングラス 水の中が丸見えに?色の違いで機能も変わる(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

赤系

赤系のレンズはハッキリと水中の状況が見えるようになります。サイトフィッシングには赤みの強いレンズを使うことで、より釣りやすい環境になります。

ただし、赤系のレンズは水中のコントラストがハッキリ分かりすぎて、疲労が溜まりやすいという特徴もあるので注意してください。

グレー系

自然な見え方で釣りがしたい場合は、グレー系のレンズがおすすめです。長時間釣りをする際にはグレー系が疲れづらく、偏光グラスを外した際にも自然な状態の視界が確保できます。

赤系に比べると水中をハッキリと捉えることはできませんが、裸眼で釣りをしている状況に一番近い状況で釣りができます。水中を見るよりも眩しさを防ぐイメージが強いです。

チャート系

釣りをしているとよく耳にする「チャートカラー」は、偏光グラスにも適応されます。正確にはチャートリュースカラーといい、グリーンやイエロー系の色を指します。

薄暗い状況でも視界の確保に役立ちます。オールラウンドで使用したい場合は、チャート系のレンズはおすすめです。

次のページで使用の注意点を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。