チヌフカセ釣りでツ抜け達成 さしエサを「動かさない」が吉【和歌山】

チヌフカセ釣りでツ抜け達成 さしエサを「動かさない」が吉【和歌山】

7月15日、和歌山県海南市の海南港へチヌフカセ釣りに釣行した。開始早々から気配があり、早々に40cm。これでパターンをつかんで、ツ抜けを達成した釣行をリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター 秦厚治朗)

秦厚治朗

チヌ フカセ釣りをメインに紀州釣り、落とし込み釣り、時々グレ釣りで大阪湾から紀伊半島を中心に年間80回程 釣行しております。宜しくお願い致します!永釣同志会・代表。ヒロキュー・フィールドモニター。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

海南港でチヌフカセ釣り

7月15日木曜日、朝一で和歌山県海南市の海南港へ、チヌフカセ釣りに出掛けた。当日の天気は大阪市内を中心に関西各地で深夜から土砂降りの雨に雷雨と最悪な天気だったが、和歌山方面は曇り予報だったので、問題ないはずである。

現地到着は日の出後の午前6時過ぎ。まずはまきエサを釣り座正面に20シャクほど先打ちして、すぐに仕掛けづくりに取りかかる。

フカセ釣りタックルとエサ

当日のサオはエリネス1号5.0mに2500番台のLBリール、ミチイト1.75号、ハリス1.25号、ハリはチヌバリ2号にウキは5B負荷の水平ウキを使用して、シブシブで浮かせて釣り開始!

まきエサは新商品の「底攻めズドン」2袋に生オキアミ3kgを混ぜ合わせたもの。さしエサは生オキアミLサイズにコーン、練りエサの「めっちゃ喰うオキアミ」「めっちゃ喰うコーン」を準備した。

チヌフカセ釣りでツ抜け達成 さしエサを「動かさない」が吉【和歌山】使用したまきエサ(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

1投目からさしエサが残る

午前6時半過ぎに第1投。中潮で午前9時半には満潮を迎える潮回りで、微妙に濁りが出てチヌ釣りには期待が持てる雰囲気だ!偏光グラス越しにミニサイズのチヌやボラ、赤エイの魚影が確認できた。

さしエサは生オキアミからスタートした。予測ではオキアミは瞬殺と思ったが、丸残りの状況。少し驚いたが、釣り開始2投目でウキ入り!もしやと思い期待してアワせたが、残念だが小アジ。そして、3投目には小フグが掛かる普通の展開。納得して少しまきエサの帯から仕掛けを外して投入すると、未だオキアミがハリに残る。

ウキ下微調整で本命40cm

まきエサの帯から少し外しても誘いを入れれば完璧にエサ取りの餌食になるので、オキアミが底で静止状態になるウキ下に設定しなおした。そしてその1投目、仕掛けが馴染んでから待つこと1分ほど。とても待ち時間が長く感じられたが、「これでダメならコーンにさしエサ変更かな?」と思った頃合いにウキにかすかに前アタリが出た!

これで完全に消し込まなければ間違いなくエサ取りだが、完全に海中にウキが消え、アワせると乗った!魚が急に海面方向へと浮き上がって走るので、違う魚種かと勘違いしたが40cmを超えるチヌをキャッチすることができた。

パターンつかみ本命連発

あくまでも予測だが、まきエサを20シャクほど先打ちしていたところに、ある程度の個体数のチヌが寄り付いていたのだろう。それでこの季節でもさしエサが生オキアミでも時折ハリ残りしたと推測される。1匹本命が釣れると、そのチヌをサンプルとして次の展開がイメージできる。このゲーム感が楽しい!

底にチヌが居ることが証明できたので、次はもっとチヌに活性化させるためにまきエサのシャク数を増やしながら1匹目が釣れた同じ展開で狙うことにした。すぐに2匹目、3匹目とパタパタ釣れた。やはりさしエサは生オキアミで、動かさずにアタリが出た。

次のページで最終釣果を発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。