ライトショアジギング(LSJ)で釣りデビュー:入門に必要な道具と選び方

ライトショアジギング(LSJ)で釣りデビュー:入門に必要な道具と選び方

子供から大人まで簡単に釣りを始められ、釣った魚は美味しく食べられるのがライトショアジギング(LSJ)の醍醐味です。ぜひLSJで、釣りライフをスタートしてみましょう!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

無道寺辰哉

伊豆エリアを中心にソルト・リバー・レイクのフィールドを釣り歩いています。青嵐ルアーフィールドスタッフ。

×閉じる

ソルトルアー ショア

誰でもLSJが始められる!

ライトショアジギングを始める際、簡単に扱えるルアーをいくつか準備しなければなりません。ビギナーが魚を釣り上げるには、まず「投げる」ことに苦労するものではダメです。

その点LSJで使用するメタルジグはかなり投げやすいルアーです。ちょっとしたコツさえつかめば誰にでも遠くまでルアーが投げられるでしょう。

ここではこのメタルジグに加え、ジグで釣れないときにぜひタックルケースに忍ばせておきたい2種類のルアー(メタルバイブレーションとジグヘッド+ワーム)の計3種を紹介します。

メタルジグ

鉛の塊であり、これが遠くまで飛ばないということは絶対にあり得ないルアーです。

マイクロジギングでは1~3gという小さなものも使われますが、ライトショアジギングでは10~40gをメインに使っていきます。

重いほど投げやすくなりますが、沈下速度も同時に速くなっていくため、ターゲットの魚に応じて重さを変化させて、沈下時に魚が食いついてくるような釣り方もできます。

重いメタルジグを投げることで、ライン(イト)にテンション(張り)をかけた状態で巻き上げられるので、ライントラブルが多くなった際には、より重いルアーを投げて緩みを解消させる時にも重宝します。

メタルバイブレーション

「鉄板バイブレーション」とも言われている金属製のルアーです。

10~20g前後の重さがあるので、子供の力でも十分に遠くまで投げられる上に、難しいアクションなど一切不要のお手軽ルアーです。

巻き心地が手元まで伝わってくるので、ルアーにトラブルが起こっていてもすぐに察知できます。

「投げて・落として・巻く」の繰り返しで、広範囲の魚にアピールできる便利なルアーです。

ジグヘッド

上2つはルアーそのものだけで釣りができますが、ジグヘッドには「ワーム・ソフトルアー」と呼ばれるものを使用します。

フック(釣りバリ)にオモリがついていて、ワームがエサのかわりとなるルアーです。

いろいろなワームを付けかえることで、魚へのアピールがかわり、釣れやすいルアーや色を見つけやすいルアーになります。

あまりにも釣れない場合、ジグヘッドに生エサをつけて釣ることもできるので、ボウズ知らず(魚が釣れないことを「ボウズ」と呼ぶ)のルアーでもあります。

おすすめ入門ロッド

ライトショアジギングは、ブラックバスのタックル、シーバスのタックル、専用のショアジギングのタックルでも楽しめます。

ライトショアジギング(LSJ)で釣りデビュー:入門に必要な道具と選び方おすすめロッドを紹介(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

ブラックバスロッド

アブガルシアは、安価なモデルでも比較的しっかりとした作りが期待できます。

そして、見た目の所有欲も満たしてくれるので、シマノ、ダイワのようなメーカーよりも長く使えるのがこのメーカーを選ぶメリットです。

シーバスロッド

メジャークラフトは、ショアジギングを始めるといろいろなところで目にするメーカーになります。

ブラックバスのロッドよりも太く、長くなり、パワーも十分なタックルになります。海で色々な魚を釣りたければ、シーバスタックルは入門用には最適です。

ショアジギングロッド

ショアジギング専用のロッドは、少し高くてもシマノやダイワを手にするのがおすすめです。

キャスト性能もロッドパワーも安定しているので、思わぬ大物にもしっかりと対処できるキャパシティーを持っています。

次のページはおすすめ入門リールを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。