ハゼ釣り最盛期突入 1時間弱で良型交じり28匹手中【和歌山・紀ノ川】

ハゼ釣り最盛期突入 1時間弱で良型交じり28匹手中【和歌山・紀ノ川】

夏場がシーズンのハゼを求めて、和歌山の紀ノ川へ釣行した。昼の1時間弱の釣りだったが、28匹の釣果を得て盛期突入を実感したので、その模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野博)

牧野博

初めて投げ竿を持ったのはもう50年近く前、関東で就職してからクラブに入会し、投げ釣りの面白さに魅了されました。根掛かりの多い砂地の磯場や河口内でわざわざ引き釣りをするという特異な習性があるほか、秋にはヘラ竿を持って汽水域を徘徊することもあるようです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

紀ノ川でハゼ釣り

今年の梅雨は雨量が多かった。突然の大雨に雷。アングラーでなくても天気の動向に気がかりな梅雨であった。そんななかでもハゼは元気だ。今年はすでに5月末にハゼが動き出していて、関東の情報でも数が上がっているようであるが、紀ノ川でも7月に入り、ハゼの活性がぐんぐん上昇してきた。

7月13日、昼前の約1時間弱、紀ノ川右岸の南海電車鉄橋の上流側の浜でサオを出した。釣り場に入ったのが午前11時過ぎだった。潮は下げに入っていて河原が広がりかけた状態。チャンスである。

ハゼ釣り最盛期突入 1時間弱で良型交じり28匹手中【和歌山・紀ノ川】釣り場の様子(提供:TSURINEWSライター牧野博)

当日のタックルとエサ

すぐに並継のヘラ竿14尺を継ぎ、ミニL天1.3号(ショアゲーショア天に短い砂ずりと自動ハリス止めをセットした自作オモリ)に、スピードハゼ6号の2本バリ(枝バリの間隔15cmの超ショート仕掛け)をつなぎ、イシゴカイを刺して振り込む。ミチイトはフロロ1号をサオ1本+1尺ほど取った。

良型交え好調

5月末と違い、ハゼの魚信がすぐに伝わり、そのシグナルも格段に強くなっている。1投目は10cmのハゼ。5月に比べると二回り大きくなっていた。やはりハゼの成長は速い。

その後途切れなく肩にかけたクリールにハゼを追加。時に2点で、時にやや大きめの13cm前後のものも交じり、短時間であるが、結構忙しく釣った。

最終釣果と今後の展望

12時過ぎに終了。クリールに入れたハゼは28匹だった。これ以外にも6~7cmの小型をリリースしているので、ほぼ1時間で30匹の釣果。型はまだ小ぶりであるが、今年の紀ノ川の夏ハゼの感触は上々である。

これなら水分補給をしっかりとしつつ、ときどき日陰で休息しながらでも、十分束釣りが狙えるのではないか?そんな感触の夏ハゼ釣行であった。これから一潮毎にサイズアップするので楽しみだ。

ハゼ釣り最盛期突入 1時間弱で良型交じり28匹手中【和歌山・紀ノ川】当日の釣果(提供:TSURINEWSライター牧野博)

次のページでは仕掛けの工夫について紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。