テナガエビ&ウナギ両本命キャッチで「二刀流」成立【三重・揖斐川】

テナガエビ&ウナギ両本命キャッチで「二刀流」成立【三重・揖斐川】

揖斐川下流域へウナギ釣りに出かけた。開始早々に1匹釣れてその後はさっぱりだったが、前回に続いて貴重なウナギをゲットできた釣行をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

テナガエビとウナギの二刀流

6月25日、揖斐川下流域へウナギ釣りに出かけた。夕立の予報だったが、妻の「今まで晴れていたから今日なら釣れんちゃう?」という一言で釣行が決まった。

現地には午後3時30分に到着、早速タックルの準備を始める。まだウナギを釣るには少々早いので、午後5時ごろまではテナガエビを釣ってみた。うまくコツがつかめなかったが、なんとか数匹釣ることができた。

テナガエビは夜行性。日中でも釣れるが、この場所は流れが速いため根掛かりが頻発。いることは確認できたが、テナガエビ釣りには不向きのようなので、今度は別の場所で狙ってみたい。

テナガエビ&ウナギ両本命キャッチで「二刀流」成立【三重・揖斐川】釣り場風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

午後3時30分に到着したときは投げ釣りをしている人がいた。日中はセイゴ、マダカ、クロダイ狙いで、日没からはウナギ狙いのようだ。夜釣りをする際は、明るいうちに来て周辺の状況を確認する必要がある。足場、水深、満潮時の水面の高さなど。河口域では水面が潮によって変化するので、満潮時と干潮時では大きく変わる。

ウナギ狙いスタート

まだ明るかったが、午後5時からウナギ釣りを始めた。エサはアケミ貝。サオは4本、妻と2本ずつ出す。表層は穏やかに見えるが、底付近は流れが速いと思われる。

テナガエビ&ウナギ両本命キャッチで「二刀流」成立【三重・揖斐川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

潮は大潮(満月)、四日市港の満潮は午後7時9分。今は上げ潮で、これからますます水位が上がる。川の流れは潮の影響を受けて下流から上流へと流れている。しかもかなり速い。この流れでラインが交差するのを避けるため、上流側から順番に仕掛けを投入していく。流れの強さを考慮していつもより間隔を広めに取った。

次のページで本命のウナギがヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。