【2021東京湾】夏のシーバスジギング 落として巻くだけで釣果有望

【2021東京湾】夏のシーバスジギング 落として巻くだけで釣果有望

ゲーム性が高く、ほぼ周年狙えるターゲット・シーバス。東京湾は日本一の魚影をほこり、手軽に大型とのファイトが楽しめる。ここでは、ボートシーバスの基本的なタックルと攻略法を紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

東京湾夏のシーバスジギング

一年中狙えるが、深場では12月からゴールデンウイークくらいまでが盛期。しかし、東京湾内の各所からボートが連日出船しており、夏場でもミノーやバイブレーション以上にバイト(アタリ)をだせる釣り方だ。

おもに水深15~30mのストラクチャー(人工障害物)周辺の表層から底にいる魚を狙うため、メタルジグ(ジグ)と呼ばれる重いルアーを使用し、群れを直撃するスタイル。

【2021東京湾】夏のシーバスジギング 落として巻くだけで釣果有望初心者も比較的釣りやすい(提供:週刊つりニュース関東版APC奥野忠弘)

竿

6ft(約1.8m)前後で、胴に張りがあるもの。専用竿がなくても、M(ミディアム)~MH(ミディアムヘビー)のバスロッドや、エサ用のゲームロッドが流用可能。

リール

フォール中(落ちている間)に7~8割のアタリがでるといっても過言ではない。ヒラヒラと、より自然にジグを落とすため、ミチイトの出がよく、アタリを感じてすばやくアワせられる小型ベイトリールが好適。60cmを超える良型はもちろん、40~50cmでも強烈な引き込みをするため、ドラグ性能がよければ、さらに安心してファイトを楽しめる。

ミチイト

号数選択が重要。大型魚に似合わずフォール中のアタリはコンッと、明確に現れることはあるが、フッとイトフケがでる程度の繊細なものが多いので、0.8~1号のPEラインがベスト。2号以上の太いラインでは、イトの出やアタリ方に大きな差が生じ、それだけでなく、潮に流され周りとのオマツリの原因にもなるので注意したい。逆に細すぎるラインは、アワセ切れや高切れの可能性が高くなったり、貴重なルアーを失くしたり、魚を傷めるのでオススメできない。

リーダー

PEラインの先には、フロロカーボンライン5号前後のリーダー(先イト)を2mほど結ぶ。これは、シーバスがルアーに直結されたPEラインを嫌ってアタリが減るのを防止する意味と、魚が掛かってから反転し、鋭いエラやヒレでのイトが切られることへの対策だ。スナップとラインとの結合部分の強度を保つため、ダブルラインと言われる結び方で結束するのが一般的だが、慣れない人はあらかじめ練習しておくか、船長や常連に結んでもらおう。

メタルジグ

この釣りで一番重要なアイテムがルアー(ジグ)。水深20~30mは60g中心に、潮が速いときやより大きなシルエットとフォールスピードで釣りに変化を加えたいときには80~100g。逆に、夏の浅場では30~40g前後のメタルジグを多用する。

ルアー特性を大別すると、センターバランスと呼ばれる中心に重心があるものと、後方に重心があるテールバランスがある。それぞれ沈み方や泳ぎ方に違いがあり、状況によって食いに影響するので、いろいろと試してみて欲しい。

ちなみに、ハリはジグの下方リングに細軸2本のチラシバリを装着するとヒット率がかなりアップし、バラシも軽減される。

色も重要で、光量や水色、水深など状況によってそのとき反応のいい色が違ってくる。私が多用するのは、ピンク&シルバーやイワシ系、赤金。ルアーの重さ×種類×カラー×アクションの選択と組み合わせがこの釣りの一番の悩みどころであり、そして最も面白いところでもある。

次のページでは基本の釣り方を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。