ちょっとマニアックな『アジング』の話:回遊する群れは足止めできる?

ちょっとマニアックな『アジング』の話:回遊する群れは足止めできる?

アジは群れで行動する。回遊魚なので、接岸しても、抜けてしまう、つまりショアからのアジングでは追えなくなる時間帯がある。その群れの足を止めることはできるのだろうか?

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

群れの足止めは可能?

結論から言うと、群れの足は止められない。抜けるのは仕方ない。そういうものだ。

湾奥の条件が揃っている場には一部居着きのアジがいるが、居着きのアジも一定のエリアを回遊する上、食わない時間帯はある。またその密度もまちまちなので、釣れなくなったらもうそこまでだ。群れが抜けたというより、反応しなくなったと考えて諦めるしかない。

しかし、せっかく入った群れを丁重に扱い、要領よく長いことうまく釣る方法はある。

要領よく釣ることがコツ

要領よく群れを長く釣る方法というか心構えは、「スレやすい釣り方をしない」ということだ。釣った個体をポンとその場にリリースしない。重いリグをがちゃがちゃ動かして水中でイト鳴りを起こさない。水面に釣り人の影を落とさない、などなど。

アジの群れを丁重に扱う、優しい釣り方をしよう。軽量リグのレンジキープで、なるべく小さな波動で釣る。同じヘッドウェイトを多投するとそのフォールスピードを見切られるので、ウェイトはだんだん軽くしていく。そしてワームは大きいものから小さいものへと順番に使う。そうすることで、そこに入った群れを、最大限に多く釣ることができるはずだ。

ちょっとマニアックな『アジング』の話:回遊する群れは足止めできる?群れを丁重に扱おう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

あえて留まらせるなら

アジの足をどうしても止めたい、そういう心情もあるだろう。筆者もよく思う。せっかくここに入っているのに、あんまり動いてほしくないな、というような気持ち。それは釣り人の怠慢というか、アジが動いたと思うなら自分も動くべきだが、どうしても止めたいなら無理矢理の方法もある。

集魚灯を使う

ランタンタイプのもの、また海中に投げ込むタイプの集魚灯がある。これでアジの群れをある程度寄せ、止めることもできる。だが潮に乗って動く回遊魚の性質上、抜けることは抜ける。夜通し集魚灯で釣るというのは無理な話だ。

また集魚灯は地域によって使っていい、いけない、がある。各地域の情報を確認しよう。

まきエサを使う

これをやってしまうと元も子もないが、まきエサを使ってアジの足を止めることはできる。ただ集魚灯と同様に、どれだけ生エサをまいても、抜けることは抜ける。まきエサをしてまでアジングの意味があるのかどうか、ならばサビキで釣れ、でもある。

しかし、横にエサ師の釣り人を置いて、自分はアジングでいくという方法もある。お互い同じ釣り物でも干渉しない釣り方だ。

ちょっとマニアックな『アジング』の話:回遊する群れは足止めできる?エサ師の横で釣らせてもらう手も(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページでは長く釣るコツを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。