SLJゲームで本命マハタ手中 好土産にカンコや大サバ【千葉・広布号】

SLJゲームで本命マハタ手中 好土産にカンコや大サバ【千葉・広布号】

SLJ(スーパーライトジギング)は、軽いジグを使ってまざまな魚種をライトタックルで狙える釣りとして人気急上昇。今回は、外房大原の広布号での釣行をお届けします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

広布号でSLJマハタ狙い

6月6日(日)、外房大原の広布号の受け付けを済ませると、女将さんが用意したクジで釣り座を決めていきます。私は運よく3番目に釣り座を選ぶことができたので、左ミヨシに入りました。

SLJゲームで本命マハタ手中 好土産にカンコや大サバ【千葉・広布号】外房大原港略図(作図:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

5時30分出船。この日の海は少しウネリがあり、後半は雨予報。30分ほど船を走らせたところでポイントに到着。

この日のメインターゲットは高級魚・マハタ。なんとか前半戦で仕留めたいところです。

本命マハタキャッチ

「はいどうぞ~」と船長の合図で投入開始、水深は30m前後。まず、60gのレインボーカラーでスタート。潮の流れに応じて軽くしていったり重くしたり調整していきます。

使用したタックルは、専用竿に中型スピニングリール。ミチイトPEライン0.8号にフロロカーボンのリーダー5号を1.5m。しばらく流していくと、トモ寄りでマハタがヒット。「きょうは、底をじっくり探っていったほうがよさそうですよ」と、船長からアドバイスのアナウンス。

あまり反応がよくなかったので、先日釣れた実績カラーの赤金に変更。重さは50gに落とし、少しラインが斜めになるよう調整。着底させて、フワリフワリとゆっくり誘い上げ、もう一度フォール。

すると、ゴゴンッと飲み込むような明確なアタリ。アワせると、気持ちよく竿先が絞り込まれます。水面に顔を見せたのは、30cm弱の本命。

なかなかアタリがもらえないなか、ルアーを替えて1投目のヒット。やはり、まめなルアーチェンジは大切だなと実感。この流しでは、胴の間でも同サイズのマハタが取り込まれました。

SLJゲームで本命マハタ手中 好土産にカンコや大サバ【千葉・広布号】待望のマハタをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

オニカサゴ顔見せ

続けて、着底直後にココンッという反応。サイズは大きくなさそうですが、キュキュッ、キュキュッと時どき竿先を引っ張るような引き。顔を見せたのは、15cmほどの可愛いオニカサゴ。ていねいにハリを外してリリース。

いつもエサ釣りで、水深150~200mの深場を狙う魚。「こんな浅場で、自分と同じくらいの大きさのジグにもバイトするのか」と、とても驚きました。

SLJゲームで本命マハタ手中 好土産にカンコや大サバ【千葉・広布号】ジグより小さい魚も(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

次のページで深場の釣りへ転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。