初心者にオススメしたい「ショアジギング」上達のための7つのポイント

初心者にオススメしたい「ショアジギング」上達のための7つのポイント

手軽に青物などと対峙できる魅惑のショアジギングだが、いざ始めてみたけど釣れない…そんな人は多いはず。今回は釣れない理由からその上達方法を考えてみよう。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

出月慎也

固定概念にとらわれない釣り方を探すことが趣味です!なぜ釣れるのか、なぜ釣れないのか原因をこれからも探っていきます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

ショアジギング初心者あるある

ショアジギングを始めたけれど、ボーズ続きで心が折れてしまう初心者は本当に多い。なぜこんなに釣れないのか考えても原因がなかなか見つからないことも悩みである。

しかし、ショアジギングで様々な魚種を釣り上げることができるのは事実である。初心者がショアジギングで釣れない原因、そして短期間で上達ができるコツはあるのか?ショアジギングで初心者が釣れない理由には根拠もしっかりしている。ただメタルジグを投げていれば釣れるほど簡単な釣りではない。

初心者にオススメしたい「ショアジギング」上達のための7つのポイント陸から大物と出会えるのがショアジギングだが(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

様々な魚種や大物も狙える釣り方であることにかわりはないが、やはり「条件」が揃っていなければ釣果は付いてはこない。ここからは初心者が陥りやすい「釣れない理由」を挙げてみたい。

ポイント選びの間違い 

ポイント選びが間違っていれば、魚がいない海にメタルジグを投げても回収を繰り返すことになる。要は、キャスティングの練習をしているだけということだ。偶然、魚が回遊して釣れる可能性はあるが、ラッキーに頼ったショアジギングではコンスタントな釣果には繋がらない。

ポイント選びをはじめに徹底しなければ、この先同じポイントで粘り続けても一生釣れない可能性も出てくることになる。

シーズンのズレ

ショアジギングで狙う魚種は様々だが、やはり青物を狙う人は多い。青物にもヒラマサやブリ系など種類は分かれるが、シーズンがズレていては釣ることも難しくなる。

例えば、愛知県では秋になるとブリ系の青物が狙いやすくなる。ヒラメやマゴチが掛かることも増えてくるが、春や真冬にブリを狙おうとしても難しい。知多半島では基本的に釣れないため、初心者ならまだしもプロ並のアングラーでも難しいと言える。

ベイトが合っていない

ベイトが合っていなければ違和感を与えやすい。ナブラがわいて活性が高い状況なら釣りやすいが、マッチザベイトは釣りでは常に意識する必要がある。メタルジグの場合は重さや沈下速度により形状やサイズもかわるため、水深が浅い場所で大きいメタルジグを扱うことは釣りにならない結果となる。

初心者にオススメしたい「ショアジギング」上達のための7つのポイント使用ジグのサイズ感も大切にしたい(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

タックル選定の間違い

メタルジグでは大物が掛かる可能性があるため、ラインもPEラインが強度も高く飛距離も出やすい。

また、ロッドやリールもシーバス用では扱えるメタルジグに限りがあるため、やはりショアジギング専用のタックルを揃えることが重要だ。40g前後のメタルジグを扱う場合には、10ftのシーバスタックルでもショアジギングは対応可能なため、狙う魚種や釣り場によって揃えても良い。

筆者は半年でようやく釣果

私が初めてショアジギングで釣果を上げるまでにかかった期間は半年ほど。愛知の伊良湖岬周辺で狙っていたが、シーズンが分かっていなかったことが原因だ。

青物は回遊魚のため、必ずしもシーズンだから毎日同じ時間に回ってくるとは限らないため、何度も通い続けた。通い続けるうちにシーズンとも重なり、50cmほどのハマチを釣り上げることができたことが、私にとって初めての釣果となった。

次のページで上達するコツ7選を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。