SLJシーズン到来 大サバ連打に本命イサキも手中【愛知・隆盛丸】

SLJシーズン到来 大サバ連打に本命イサキも手中【愛知・隆盛丸】

今年もいよいよ愛知県・大山沖からイサキの便りが聞こえてきた。早速、愛知県蒲郡市西浦漁港の隆盛丸でSLJを楽しんできたので、その模様をお届けする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

隆盛丸でイサキ狙い

隆盛丸では、5月に一度SLJ便を出しているのだが、潮が全く動かず大苦戦。かろうじてハタ類やヒラメの姿は見たものの、イサキは姿を見せず。「潮さえ動けば何とかなる」と言う牧原船長だが、コレばっかりは現場に行ってみないと分からない。

6月上旬、午前5時30分、7人のアングラーを乗せ、船は西浦を出港。1時間半ほどで大山沖の漁礁ポイントに到着した。この日のメンバーは、常連の田中さん、今泉さん、女性アングラーの三田さんら7人だ。

SLJシーズン到来 大サバ連打に本命イサキも手中【愛知・隆盛丸】当日のSLJタックル(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ファーストヒットはオオモンハタ

海は若干の風はあるもののナギ。後は潮が動いているか…。まずは水深30~40mの浅めのポイントで開始する。

それぞれ40g前後のジグを落とすが、潮の抵抗はなくスカスカ。やはり潮が動いていないようだ…。それでも丹念にピンスポットの漁礁を攻めていくと、左舷ミヨシの田中さんにファーストヒット。やや小ぶりだが、定番のオオモンハタだ。

続けて隣の今泉さんもオオモンハタを抜き上げる。悪条件の割にはまずまずの出足か…と思っていたが、その後はバイトが遠のき沈黙状態に。船長も何とかバイトを引き出そうと、こまめに移動を繰り返す。

SLJシーズン到来 大サバ連打に本命イサキも手中【愛知・隆盛丸】フォール中のバイトに神経を集中する(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

悪条件下で本命イサキヒット

そして何度目かの移動後、右舷ミヨシとトモで同時ヒット。ミヨシですぐに上がってきたのはオオモンハタ。だがどうもトモの様子がおかしい。節のある引きはもしや…と思ってみていると、なんとなんと姿が見えたのは大本命のイサキ。しかもデカイ!

本来ならタモ取りするところだが、まさかのイサキに間に合わず一気に抜き上げてキャッチとなった。魚体はぼってりと肥えており、膨らんだお腹には卵が詰まっているようだ。

うれしい想定外の大本命に、船上は大いに盛り上がる。

SLJシーズン到来 大サバ連打に本命イサキも手中【愛知・隆盛丸】悪条件を覆す会心の本命イサキヒット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣った本人に話を聞くと、ボトムから巻き上げて、フォール中に食ったとのこと。やはりイサキはフォールか……。

SLJシーズン到来 大サバ連打に本命イサキも手中【愛知・隆盛丸】テールフックにフッキングしたイサキ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

この1匹で全員のヤル気が急上昇したのは言うまでもないが、その後は単発でオオモンハタやカサゴが上がるだけ。

次のページでは大サバが連発

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。