Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタン

Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタン

問診票

夏を呼ぶ魚・カツオが駿河湾に回ってきました。ぜひ一度は釣ってみたいと思っているターゲットなのですが、身構えてしまってなかなかチャレンジできずにいます。どんな釣りなのか教えてください。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター・近藤惣一郎)

近藤 惣一郎

医学博士・京大卒。SOグレイスクリニック院長。脳外科・美容外科専門医。DAIWA沖釣りフィールドスタッフ。ロンリー侍ドクターとして各種メディアで活躍中。

×閉じる

船釣り エサ釣り

コマセカツオの釣り方

では釣り方を紹介します。

投入とコマセワーク

船長は群れを探し、船下に群れがくるタイミングに仕掛け投入の合図をくれますから、合図に遅れず、トラブルなく仕掛けを投入することが釣果への近道です。事前にコマセを詰め、さしエサをハリに付け、投入をイメージしながら合図を待つのです。

指示ダナは概して浅く20mほど。ハリス分余計に下ろし、それを巻き上げてからコマセを振ってアタリを待ちます。キハダやキメジはタナより5~10m下にいることもあるので、それも狙う場合はその分余計にビシを下ろし、コマセを振りながらタナにカゴを持って行きます。

Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタン合図に遅れず投入(提供:TSURINEWSライター近藤惣一郎)

アタリとアワセ

船下に魚がいて。コマセと同調すれば、アタリが出ます。アタリはいきなりグンとサオ先が引き込まれる場合もありますが、多くはサオ先が震えたり、浮き上がるような感じで訪れます。早アワセでも遅すぎてもハリ掛かりせずバラしてしまうのがカツオ釣りの難しさですが、ハリをくわえて走る動きと同調してアワセが入れられると、ハリ掛かりします。

基本は向こうアワセの釣りです。時に置きザオにしてサオ先が突っ込むまで待っていた方が、ハリ掛かりできる状況もあります。その日、その時でベストなアワセを探り出すのがコマセカツオ釣りの本質ともいえます。

やり取りと取り込み

一旦ハリ掛かりしたらとにかくフルスピードで巻き上げます。カツオリーダーを使っていればその接続部まで、リーダーをいれている人はビシの手前1mぐらいまで巻き上げたら、まずリーダーをつかみ引き寄せ、次に逆手でハリスが短ければ天秤のアームまたはハリスをつかんで引き寄せます。タモ入れは慣れれば自分でできますが、慣れていなければ周りの方と協力しましょう。

Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタン痛快なカツオの引き(提供:TSURINEWSライター近藤惣一郎)

釣れないときは……

群れの移動が速かったり、食いが渋かったりする時は、投入直後にアタリが出ないことが続く場合があります。そのようなときは、初めから積極的にコマセはまかず、タナで置きザオにして待っていた方がいい場合もあります。

その場合群れが回ってきたときにアタリが出たり、他の釣り人にアタリが出た時を見計らってコマセをまくとヒットしたりすることもしばしばです。同乗の他の釣り人は勿論、同じ海域の他船のサオの曲がり具合も観察してクレバーな釣りを心がけることで、体力もコマセも浪費しません。

Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタンクレバーな釣りでカツオをキャッチ(提供:TSURINEWSライター近藤惣一郎)

魚の扱い・料理

夏場は暑く、せっかく釣ったカツオも扱いが悪いと台無しです。船上ではクーラーに海水氷を作りすぐに冷やしましょう。エラから血を抜いてもいいし、あえて抜かなくてもいいとは思いますが、大切なことはすぐにしっかり冷やすことです。

Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタンすぐにしっかり冷やして持ち帰ろう(提供:TSURINEWSライター近藤惣一郎)

そして、釣ったカツオはその日に食べるべし!お刺し身はその日のうちに食べると最高です。タタキにすれば数日は日持ちします。新鮮なカツオを食べられるのは釣り人の特権です!

Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:カツオ釣りは案外カンタンタタキも絶品(提供:TSURINEWSライター近藤惣一郎)

次のページでカツオ釣りの「動画」を公開!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。