『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?

『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?

福井県の若狭湾は、全国的にもイカメタルが盛んなエリアだ。今回、株式会社オーナーばりの今永さんによる敦賀沖での実釣を通し、オモリグの攻略テクやリグ、エギ選択について解説したい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

オモリグでマイカ釣り

『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?オモリグでマイカに挑戦(撮影:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

敦賀沖を訪れたのは6月15日。乗船したのは福井県敦賀市色ケ浜にある豊漁丸渡船のスーパードリーム豊漁。午後5時半に桟橋を発ち、20分ほどの航程を経て水深50m弱のポイントに入った。

集魚灯が点灯し、その効果が現れるまではイカは底付近に散在している。ゆえに、真上から縦に攻略するより、キャストしてボトム付近を面を意識して探っていくのが効果的だ。

『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?キャストして広く探る(撮影:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

今回、今永さんはオモリグ一本でマイカに挑む。オモリグは潮の流速やイカの活性を見て、ハリスの長短を使い分けるのだが、ハリス長70、100、150cmと3仕様あるオーナーばりの「からまんオモリグリーダー シングル」のなかから、ハリス長100cmを選択。まずは様子を見るべく、中間の長さを選んだ。

オモリグ「ハリス長」の考え方

『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?ハリスの長さを適宜使い分けよう(撮影:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

オモリグ、イカメタルとも、潮流が速ければハリスまたは枝スは長く、緩ければ短くするのが基本。理由は、潮が緩いと長いハリスは弛みやすく、アタリを取りそこなったり、仕掛け絡みに見舞われる。短ければ潮が緩くても弛みにくいので、アタリを拾いやすく絡みのリスクも少ない。

ただし、ハリスや枝スは長いほどイカに警戒心を持たせず、フォールの誘いも長くとれる。

そこで、ハリスの長さを何通りか試し、当日の状況に合ったベストな長さを見つけていくわけだが、長・中・短三通り用意すれば、鉄壁の備えが完成する。

仕掛け絡み対策

すでにオモリグをやっていて、仕掛け絡みに悩まされた人も多いのではないだろうか。潮の流速とハリスの長さの不適合、エギが沈みきる前にジャークを入れてしまう誤った操作が主な原因だが、この基本に注意していても、絡みが頻発する状況はある。そんな場合は、絡みにくい要素を備えたリグを使うことでリスクを低下できる。

『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?からまんオモリグリーダー各種(撮影:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

今回、今永さんが使用している「からまんオモリグリーダー」は、張りの強いエステルラインを使用し、シンカーとの接点付近がダブルラインと硬質のビニールパイプで支持されている。名前の通り絡み防止を追求した仕様だ。ちなみに、エステルラインはPEライン並みに低伸性に優れるので、アタリを拾う感度も抜群だ。

『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?ダブルラインと硬質パイプ仕様(撮影:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

枝ス追加の効果は?

オモリグのメインのハリスの上に、ミキイトを介して枝スが1~2本追加されたリグを使う人もいる。ダブル、トリプルでイカが掛かるという単純な理由もあるが、利点はこれだけにあらず。

この形式のリグを使えば、有効なエギのタイプやカラー、微妙なタナの違いなど、一投入で2つ、3つの答えを同時に探り出せるという強みがある。こういった釣り方に対応したリグが「からまんオモリグリーダー ダブル」「同 トリプル」などだ。

次のページでいよいよ実釣スタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。