投げキス釣りで137匹 ヒットゾーン近づき4色前後で連発【三重】

投げキス釣りで137匹 ヒットゾーン近づき4色前後で連発【三重】

三重県津市の阿漕浦海岸へキスを狙って釣行してきた。昨年はキスの数が多く、束釣りを何回も味わうことができ楽しかったが、今年も同様の兆候が出てきている。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

サーフのキスの釣果状況

今年の梅雨入りは早かったものの、気温は徐々に上昇し、日差しもだいぶ強くなってきた。気温の上昇とともに、サーフのキスの釣果も各地で伸びてきているようだ。

私の住む三重県では、キスの釣れだすのが早かったため、まだアマモなどの海藻が多く残っているサーフもある。多少釣りにくいようだが、それでも釣果は上向きのようだ。

投げキス釣りで137匹 ヒットゾーン近づき4色前後で連発【三重】筆者の投げキス仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

阿漕浦海岸でキス狙い

今回は三重県津市に位置する阿漕浦海岸へ5月29日、束釣りを期待して釣行してみた。当日の潮は中潮で満潮は午前7時5分、干潮は午後2時1分。今回は友達と一緒に釣ることにしているので、少し楽しみだ。

投げキス釣りで137匹 ヒットゾーン近づき4色前後で連発【三重】遠浅の阿漕浦海岸(提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

4色前後からスタート

ポイントには5時少し前に到着。釣具を下ろしていると友達が到着。あいさつを済ませ、早速砂浜に降りて、海水浴場の石段からスタートした。

海水浴場この場所は石段があるため、足元から若干水深がありキス釣りには比較的良いポイントだ。早速1投目は4色半(1色は25m)へ投入した。

オモリの着水を確認しイトフケを取り、探りを開始した。ここは仕掛けが長いとキスを引き上げにくいので、取り込みを考えてハリは8本でスタートした。だがアタリが出ない。探り続けると、小さなアタリが出た。距離は4色くらいだ。

追い食いを狙って探り続けるが、アタリが続かない。2色ほど残して回収したところ、小型のキスが1匹掛かっていた。2投目は5色半へ投入。探り始めると4色半でアタリが出た。だがキスが少ないのか、アタリが続かない。

アマモが少ないようで2色残して仕掛けを回収すると、小型のキスが3連で掛かってきた。ちょっと期待外れだ。友達もやはり良くないようなので移動することにした。

昨年の実績ポイントで7連掛け

釣り座は工事中の矢板がある所だ。ここは昨年爆釣した所だが…。取りあえずエサを付け、5色へ投入した。

ゆっくりと探り始めると、すぐにアタリが出た。最初に入った所よりアタリが強く感じる。そのまま探り続けるとアタリが立て続けに出た。最初に入った場所とは、だいぶ状況が違うようだ。仕掛けが絡まないように、サビく速さを調整しながら探りを繰り返し、3色を残して回収するとキスが6連で掛かってきた。

エサを付け替え2投目は6色へ投入。だがすぐにアタリが出ない。そのまま探り続けると、5色を切った所でアタリが出始めた。群がるような連続したアタリではなく、極端に数が多くはないようだ。2色を残して回収すると、キスが7連で掛かってきた。

キス釣りの醍醐味は連掛け

型はバラバラだが、少し長めの距離を探れば、数は稼げそうだ。しばらくキスを追加したが、徐々にアタリが減り型も小さくなったので、松林側へ移動した。波打ち際を見ると、少し潮が払い出している。早速5色に投入してみた。この日の感覚では、あまり遠いポイントはキスが薄いような気がする。どちらかというと、4色前後でアタリが集中しているような気がした。

すると4色に入る少し手前でアタリが出た。ここからと思いサオ先に集中し、キスのアタリを待ちながら探りを繰り返すと、意外と短い距離の間隔でアタリが続く。どうやら場所ムラがあるようだ。追い食いを狙い、3色を残して仕掛けを回収すると、波打ち際に良型交じりでキスが7連で現れた。やはりサーフからのキス釣りの醍醐味は連掛けだ。

投げキス釣りで137匹 ヒットゾーン近づき4色前後で連発【三重】良型交じりでキス7連!(提供:週刊つりニュース中部版APC・横山准司)

次は5色より少し手前にキャストすると、キスのいるポイントが近いらしく、探りを開始してからアタリが出るまでの時間が早くなった。順調に数を追加していると、徐々にアタリが少なくなって小型が増えてきた。こうなると友達と移動を行い、キスを追加した。

次のページで最終釣果を発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。