釣ったウナギで「ウナ丼」を作りたい エサになる「アケミ貝」の採り方

釣ったウナギで「ウナ丼」を作りたい エサになる「アケミ貝」の採り方

「ウナギを釣ってウナ丼を作りたい!」ということで、エサを採取してウナギを釣り、ウナ丼を作るまでの記録を紹介します。今回はエサに使う「アケミ貝」の採り方を解説します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

その他 お役立ち

ウナギの生息場所と価値

ウナギは基本的に海~小規模河川、渓流までどこにでも生息しています。ウナギってどこにもいなさそうで、実はどこにでもいたりします。意外に近所の川なんかに生息していることが多いです。

スーパーでの価格を見てみると、ウナギの価格は1匹あたり1000円ほど。日本は土用の丑というウナギを食べる日があるほどのポピュラーな魚ですが、実際買うと高価な魚なのです。

釣ったウナギで「ウナ丼」を作りたい エサになる「アケミ貝」の採り方養殖でもこのお値段(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ウナギ釣りのエサ

ウナギはミミズやエビ、小アユ、貝類など何でも食べ、いろいろなもので釣れます。

田んぼの近くの川で釣りをする場合は「ミミズ」を使ったり、アユ釣り師の多いような渓流で釣りをする場合は「小アユ」を使ったり、海に近いような河川の場合は「エビ」、「貝類」を使ったりします。

今回私が採取するのは「アケミ貝」と呼ばれる汽水域の河川などに生息する貝です。アケミ貝を使用する理由としては、私が通うポイントは海水濃度の濃い汽水エリアのため、上記に挙げた「ミミズ」や「小鮎」ではエサとして不自然なので、マッチ・ザ・ベイトしないと思うからです。

そして、「エビ」と「アケミガイ」のどちらを使うかといえば、私の場合は「アケミガイ」です。理由として、「エビ」を使用するとアカエイのアタリが多くなってしまい、仕掛けのロスト率が高まるからです。

アケミ貝とその採取場所

アケミ貝とは、通称イソシジミと呼ばれる二枚貝で、やや塩分の濃い海域を好む直径4cmほどの貝です。食用としてもエサとしても流通しており、クロダイやキビレのぶっ込み釣りでも使用します。

釣ったウナギで「ウナ丼」を作りたい エサになる「アケミ貝」の採り方ウナギのエサとなるアケミ貝(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

今回の採取場は、愛知県の海に近い河川の河口エリアです。地質は砂地が好ましいです。比較的簡単に採取が可能なため、エサ採りポイントを自ら見つければエサ代がかかりません。

次のページではアケミ貝の採り方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。