ゼロから始めるカヤックフィッシング:初心者オススメの釣り物とタックル

ゼロから始めるカヤックフィッシング:初心者オススメの釣り物とタックル

シリーズ4回目となる今回は、カヤックフィッシングで持ち込むタックルについて。Noni自身の使用遍歴を踏まえてオススメを紹介したい。

ゼロから始めるカヤックフィッシング :魅力と「最初の一艇」の選び方

ゼロから始めるカヤックフィッシング:マスト〜あると便利なアイテム

ゼロから始めるカヤックフィッシング :服装は『レイヤリング』が重要

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

船釣り シーカヤック

カヤックフィッシングのタックル

ゼロから始めるカヤックフィッシング:初心者オススメの釣り物とタックルサオは何本持っていく?(提供:TSURINEWSライターNoni)

カヤックに持ち込むタックルの本数について、熟練者の中には4~5本積んでいるツワモノもいるのだが、はじめのうちは1~2本で十分だと思う。Noniは今でも2本だ。

「これもやりたい!あれも試してみたい!」せっかくカヤックで沖のポイントに行くなら、やってみたいことがたくさん出てくるのが釣り人の性。しかし、実際にカヤックで釣りをしてみると、漕いでいる時間の方が長い(と考えた方がよい)。現実には一度の釣行でできることは限られるのだ。その日のメインターゲットを決め、必要最小限のタックルで臨みたい。

カヤック上でのノットやルアーチェンジは沈(転覆)のリスクがある時間となるので、タックルが多ければそれを小さくできるという考え方もある。Noniは基本的に2本(ベイトタックル1+スピニングタックル1)を持ち込み、1つが切れた場合にはもうひとつのタックルで釣りをし、トイレ休憩などで着岸した際にノットやルアーチェンジを済ませるようにしている。

ロッドの長さ

ゼロから始めるカヤックフィッシング:初心者オススメの釣り物とタックル理想的なサオの長さは?(提供:TSURINEWSライターNoni)

カヤックフィッシングに適するロッドは、釣りのスタイルや艇の長さ、腕の長さによってもかわってくるが、6ft台が取り回しやすい長さになると思う。

長さもさることながら、複数のロッドを持ち込む際に”長さを揃える”ことがとても重要となる。理由は、腕のリーチだけで使っていない竿先をかわすことができなければならないからだ。

ゼロから始めるカヤックフィッシング:初心者オススメの釣り物とタックル使っていないサオをかわすことも考えよう(提供:TSURINEWSライターNoni)

カヤックフィッシング中は、風や波などで艇が回転したり、ヒットした魚が走ったりすることに対応するため、サオ先を360度コントロールしなくてはならないシーンが多々あるのだ。その時に「長いサオが邪魔になって……」なんてことは安全面においても絶対に避けたい。

次のページでは初心者にオススメの釣りを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。