ゼロから始めるカヤックフィッシング :服装は『レイヤリング』が重要

ゼロから始めるカヤックフィッシング :服装は『レイヤリング』が重要

シリーズ3回目となる今回は、カヤックフィッシングの服装について。私を例に、カヤックフィッシングで基本となるレイヤリングを紹介するので、参考にしていただきたい。

ゼロから始めるカヤックフィッシング :魅力と「最初の一艇」の選び方
ゼロから始めるカヤックフィッシング:マスト〜あると便利なアイテム

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

船釣り シーカヤック

カヤックフィッシングの服装

釣りにかかわらず、カヤックでの服装は「寒い」「暑い」の変化に対応しやすいよう、『レイヤリング(重ね着)』が基本になる。特にカヤックフィッシングは早朝からスタートすることが多く、出艇時には寒いが日が昇ってくると暑くなる、ということがよくあるので、着脱が簡単なものがいい。

また、沈した際に水が溜まりやすく・脱ぎにくいウェーダーのような服装はたいへん危険なので使用しない。

参考までにNoniの服装を紹介する。

ゼロから始めるカヤックフィッシング :服装は『レイヤリング』が重要服装のキモはレイヤリング(提供:TSURINEWSライターNoni)

上半身の服装

いちばん下にはスポーツ用のコンプレッションウェアを着用。夏場でも日焼け防止のために着用している。肌寒い時期になると、厚手のフード付きタイプに変更する。

次に、ポリエステル製の長袖Tシャツまたはスウェットを着用。

最後に、ナイロン製のパドリングジャケットを着用。暑い時期でもタオルと共にジップロック等に入れて携行している。

また、手には通年パドリンググローブを着用。

下半身の服装

こちらも一番下にはスポーツ用のコンプレッションウェア。肌寒い時期には裏起毛のタイプに変更。

次に、ズボンは膝丈くらいのスイムウェアまたはパドリングパンツを着用。

次のページで足元のアイテムを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。