北海道の「カレイの聖地」で50cm超え頭に座布団級が乱舞【根室海峡】

北海道の「カレイの聖地」で50cm超え頭に座布団級が乱舞【根室海峡】

50cmオーバーが入れ食い、今回はカレイ7目達成の北海道・根室海峡への釣行をレポートする。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

標津は知る人ぞ知るカレイの聖地

知床半島の付け根にある標津町は帆立貝養殖で有名な場所。根室海峡を挟んで対岸は北方領土である国後島、右手は根室、野付半島の尾岱沼(おだいとう)、左手には世界遺産知床連山が望める最高の立地、知る人ぞ知るカレイの聖地である。

豊恵丸

地方から現地の釣果状況や予約はハードルが高いと思う。特にホームページがない地域ではなおさらであるが、標津でのカレイ釣りなら豊恵丸をおススメする。現役漁師にして競技ヨット選手、遊漁船船長、趣味でもプレジャーボートで釣りもされ、海をこよなく愛す今(コン)源浩船長はとても話好きで心優しい。わからないことはなんでも聞くといい。

初めて乗船の方に必ず?話すつかみは、「カレイはなぜ平べったいか知ってる?」ぜひ現地で聞いていただきたい。

カレイは5月から10月に出船しているが、大型を狙える5月、6月が狙い目だ。

豊恵丸:今船長 携帯090-3775₋2168
Facebook:今源浩

北海道の「カレイの聖地」で50cm超え頭に座布団級が乱舞【根室海峡】豊恵丸と今船長(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

カレイ釣りのタックルと仕掛け

筆者はアナリスターカレイにキャタリナIC(PEライン2号)+先イトのタックル。オモリは蛍光系の50~70号を準備とのことだが、ロストはほとんどない。

仕掛けは関東の吹き流しスタイルではなく、胴つき両テンビンスタイルで上にもう1本ハリを付けた3本タイプがノーマル。佐々木銃砲店(中標津)、釣具センター中標津店で沢山の種類が手に入る。また、飲み込まれることが多いのでかえバリは多めに持参すること。

エサは、ご当地特産のホタテの紐が用意されているが、イソメを抱き合わせさせた方が食いはよかった。佐々木銃砲店で販売しており、大きいパックを1個購入しておいた方が間違いない。

北海道の仕掛けはカラフル、自作するとまた楽しさが倍増するのでリピートの際にはぜひ自作をお勧めする。なお、同宿は、無料貸しザオも提供しているので、事前に相談するといい。

北海道の「カレイの聖地」で50cm超え頭に座布団級が乱舞【根室海峡】クロガシラカレイとタックル(提供:TSURINEWSライター前島宜秀)

次のページで釣りの模様を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。