伊藤さとしのプライムフィッシング【春のチョウチン両ダンゴ:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【春のチョウチン両ダンゴ:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「春のチョウチン両ダンゴ」。今回は実践編として、アタリが少なくなった時の対処法を考えてみよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

アタリがない時の対処法

いいエサ&いいセッティングがそろったら、あとは釣るだけです。これでもう、いい釣果が狙えそうですね。

伊藤 さとし

「そう思うでしょう?ところがそうはいかないのが、盛期前の両ダンゴなんだ。とくに野釣りでは、その傾向が強いかも」

 

魚影と活性の問題ですか?

伊藤 さとし

「まあ、おもには魚影の問題だろうね。触りがあっても落とさなかったり、魚はいる感じがするのに突如として触りが消える」

 

要は盛期よりも、穴が空く時間が多いということですね。であれば、その対処法は?

伊藤さとしのプライムフィッシング【春のチョウチン両ダンゴ:第4回】セット的な両ダンゴもあり(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「セット釣りに転向するしかないね」

 

それでは答えになってませんよ(笑)。

伊藤 さとし

「であれば、セット的な釣りをするしかないだろうね」

 

セット的な両ダンゴとは

具体的には?

伊藤 さとし

「”ハリス段差”と”誘い”だろうね。せっかく軽めのネバ系というエサが用意されているのだから、それを利用して上下のエサタッチをセット風にしてみるとか。またはタテ誘いが効くように、エサのタッチを若干でも持たせる方向に調整してみるとか」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春のチョウチン両ダンゴ:第4回】魚がいて食わない時の対処法(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

両ダンゴでタテ誘いですか?

伊藤 さとし

「そうだよ。魚がいるけど食わないというなら、何かをやらなければ食ってこないからね。おあつらえ向きに釣り方はチョウチンだから、誘いはかけやすいよね」

 

でも固形物ならまだしも、練りエサで誘いをかけるとエサがハリ抜けしませんか?

伊藤 さとし

「だから抜けないようなタッチに調整する。食い渋っているのなら、むしろバラけさせることは逆効果だよね。ならば若干でも締めた小エサにして、それを下バリだけに付けて誘いをかけまくる」

 

両ダンゴの基本はキープ

先ほどから”若干”という言葉が目立ちますが、がっつりエサを締めてバラけさせないようにしてはダメですか?

伊藤 さとし

「それでは両ダンゴではなくなっちゃう。そうでなくてもセットのバラケに比べて、両ダンゴのエサは開きや集魚力に関しては劣るのが通例だから、それなりにバラけて、かつ芯残りさせる必要がある」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春のチョウチン両ダンゴ:第4回】誘いが効くタッチに変更してみよう(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

“寄せて食わせる”いわゆる、両ダンゴ釣りの基本ですね?

伊藤 さとし

「そういうこと。誘いをかけても抜けないギリギリのタッチにして、誘いの回数も2~3回などと決めて打ち返す。セットで使う固形物とは違うから、いつまでも持つようなエサでは食ってこないだろうからね」

 

その場合もハリは小さめを維持ですか?上バリだけ大きくするとか。

伊藤 さとし

「そこまでやるんだったら、セットに替えちゃったほうが早いね。あくまで、両ダンゴでどう食わせるかってことなんだから」

 

ポイント移動も選択肢に

たしかに。ではセット的な両ダンゴのほかに、食い渋った時の対処法はありますか?

伊藤 さとし

「基本的なことをやることだよ。チョウチンなのだから、まずは竿(タナ)を探る。それでもダメならポイント(ウキが立つ真下の水深)を変えるとかね。ただ真冬とは違って、魚がいればウキは動いてくれるだろうから、イチバンは今より魚がいる所を探すことだね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春のチョウチン両ダンゴ:第4回】ダメならポイント移動も一考(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

次回は「カクシンで両ダンゴ革新」です。

【春のチョウチン両ダンゴ:第1回】を読む。

【春のチョウチン両ダンゴ:第2回】を読む。

【春のチョウチン両ダンゴ:第3回】を読む。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
戸面原ダム
協力:戸面原ダムボートセンター
この記事は『週刊へらニュース』2021年5月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。