投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】

投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】

揖斐川河口へ投げ釣りでウナギを狙って釣行した。まだ時期が早いかも?と半信半疑の釣行だったが、妻と二人で2匹の本命をキャッチしたので、その模様を紹介する。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

揖斐川でウナギ釣り

初夏から釣れだすイメージがあるウナギだが、桜が散って寒さを感じなくなり、日中は25度を超える夏日を観測。もしかするとウナギも出没しているかもと期待して4月下旬に釣行した。

釣行当日は、河岸から投げ釣りで幅広く探るためアオイソメとカメジャコを入手した。釣り場の情報はまだないため、プレジャーボートで釣ったポイントに仕掛けを投入できる陸地(河岸)を探し、国道1号線と23号線の間、揖斐川の下流域(三重県側)に入った。

投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】当日のポイント略図(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

釣り場に着くと、シーバスやマゴチを狙ってルアーをキャストしている人、投げ釣りでセイゴを狙う人がいた。ウナギ狙いの人もいるがまばらで、まだ早いかもしれないという雰囲気だった。

投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】釣り場から揖斐川の風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

ウナギ仕掛け

釣りを開始したのは午後5時ごろ。サオは3本出す(私が2本、妻が1本)。1本は流れの影響を受けない手前に、2本は川の中央を目指して25mくらい沖に投入する。最初は3本ともオモリ15号としていたが、川の流れが速いため遠投の2本は20号に変更した。

投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

釣り開始から常に5m前後の風があり、少々流れは速い。カメジャコとアオイソメを交互に付けて様子を見ていたが、午後7時の時点でアタリはなく、エサを確認しても食われた痕跡はない。

アタリはないが、釣りの時間を楽しむ。持参したお湯でカップラーメンとコーヒーを作って味わう。少々寒さを感じていたころだったのでとてもおいしかった。釣り場でサオを目で追っていると、時間の流れる感覚が普段とは違うように感じる。時間に追われる普段の騒がしさを忘れて落ち着くような気がした。

投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】静かにサオを追う(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

今年初ウナギをゲット

午後8時ごろには風が弱まり、川の流れも少し穏やかになった。明確なアタリはないがエサが取られる。そして8時45分には風が止まり、流れもさらに穏やかに。このころから反応が出始めた。

午後8時50分、妻の担当しているサオに明確なアタリが出た。仕掛けを回収すると「少々重たい、何かおるかもしれへん」と言う。期待しながら上げてみると、今年初めてのウナギだった。もともと偵察釣行ボウズ覚悟の釣りだったので、これはとてもうれしい1匹だ。

写真に収めようとスマートフォンを向けるが、予想以上にウナギが暴れてうまく撮れない。笑顔を写真に残すことはできなかったが、十分に満足。

投げウナギ釣りで本命2匹キャッチ 自家製うな丼に舌鼓【三重・揖斐川】今年初めてのウナギをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

次のページで2匹目がヒット!そして自家製うな丼を披露

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。