ちょっとマニアックな『アジング』の話:常夜灯乱立ポイントはどこ打つ?

ちょっとマニアックな『アジング』の話:常夜灯乱立ポイントはどこ打つ?

アジ・メバルの定番の釣り場として、常夜灯下がある。ただ、常夜灯は何本も並んでいる場所がよくあり、そうなるとどこを釣ればいいのか迷う。今回はそういった場合の場の絞り方を考えよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

常夜灯乱立ポイント

一帯がいい雰囲気だが、「じゃあどこに魚が入っているんだ?」「全面か?」と迷ってしまいがちな常夜灯が立ち並ぶポイント。

ちょっとマニアックな『アジング』の話:常夜灯乱立ポイントはどこ打つ?常夜灯が立ち並ぶポイント(提供:TSURINEWSライター井上海生)

こういう場所では、かえって的が絞りにくい。また、常夜灯下はよく知られた釣りのポイントなので、連日アングラーが入っていて、場にプレッシャーがかかっていることが多い。

そのため、あまり工夫なく前に投げてみても、思ったような釣果が得られない。狙うべきは同じ常夜灯下ポイントでも、「変化のある場所」である。そういう場所に魚の密度が濃い。

キホンQ&A

Q:「なぜ常夜灯下に魚が集まる?」

A:「植物性プランクトンが常夜灯の光に反応して光合成し、増殖する。プランクトンは自ら動く力がなく、魚にとって食べやすいもので、アジ、メバルの好ベイト。よって常夜灯下には魚が集まりやすい。」

狙うべきは「変化のある場所」

立ち並ぶ常夜灯下ポイントで、「変化のある場所」というと、次の3つがヒントになる。

浮きゴミ、気泡

海面に浮いたゴミ、気泡が見られる。すなわちそれは、潮や海流の漂着先であると考えられる。アジのベイトであるプランクトンのほとんどもゴミや気泡と同じように自ら動く力を持たないので、潮や海流に乗って漂っていく。つまり浮きゴミや気泡のある場所=プランクトンの密度が濃いエリアで、アジが入っている可能性が高い。

潮が噛むポイント

感覚的な話になるが、ある程度の重さがあるリグを前に投げて釣っていると、クッと手元にちょっと重みが乗るような、俗に言う「潮が噛む」ポイントがある。これは左右の潮がぶつかり合っているか、何か底の地形変化などでクッションしているかで、何にせよ潮に乗って漂うプランクトンが滞留している可能性が高い。そこにアジも入っているかもしれない。

地形変化

漁船がある、消波ブロックがあって潮がクッションしているなど、地形変化も見逃せないポイントだ。慣れてくれば、ボトムの地形変化も探りたい。一番わかりやすいのは、その場の手前だ。大体ショアの堤防や波止というのは岸側に向けてカケアガリになっていることが多く、その周辺に魚が集まりやすい。

ちょっとマニアックな『アジング』の話:常夜灯乱立ポイントはどこ打つ?手前にチャンスがある(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで常夜灯の「色」について解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。