ボートジギングで青物&マダイ 季節外れのメジロも登場【徳島・鳴門】

ボートジギングで青物&マダイ 季節外れのメジロも登場【徳島・鳴門】

ボート所有の釣友からのお誘いで久しぶりに鳴門海峡へオフショア釣行してきた。マダイ交じりにメジロからハマチサイズが好調に釣れた当日の模様をリポートする。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター賀川正志)

賀川正志

×閉じる

ソルトルアー オフショア

当日の状況とタックル

当日の天候は晴れ、風は昼ごろまで北風8m/s。それ以降は風が落ちつき凪になる予報。狙いはタイ、メジロがメインで、あわよくばサワラが捕れればと皮算用である。潮は大潮の後の小潮2日目。前日での連絡では朝7時出船とのことだったが、6時30分に変更しますとの連絡。風が弱まるのかなと思いながらタックルの用意をする。

朝の潮だと北側のゼンサ瀬でタイラバがメインだが、この風予報では厳しそう。南側に行くのであればジギングがメインになるのではと思い、250gのジグまでを用意。また、風、流れなどの都合でタックルをチョイスしなければ釣りが成立しないエリアなので、タイラバのタックル3セット(ベイト、スピニング)とスーパーライトジギングを2セット、ジギング2セット。どこの場所へ行っても対応できるセットを用意した。

ボートジギングで青物&マダイ 季節外れのメジロも登場【徳島・鳴門】当日準備したタックル(提供:TSURINEWSライター賀川正志)

鳴門海峡でオフショアゲーム

6時にマリーナに着くとそそくさと道具をボートに積み込む。釣友の篠原さんもすぐに到着し、出船。「どちらに行きます?」とたずねると、「北風なので南側にしますか」と言われたのでジギング決定。

紀伊水道側に出るとまあまあの風。家からマリーナまでの道のりで吉野川、小鳴門と通ったが、橋上では風がなかったのに海にでると風がある。船団が居るポイントに近づくと、ハマチぐらいのをすくっているのが目に入った。

「ここらからやりますか?」との声でスタート。朝の時間にサワラが欲しいので、130gのシルバーのジグにサーベルトリガー0/4、ワイヤーが入ったアシスト(パワーフレックスワイヤーコア)をチョイスし開始する。

ボートジギングで青物&マダイ 季節外れのメジロも登場【徳島・鳴門】釣り場風景(提供:TSURINEWSライター賀川正志)

早々にメジロを手中

船体が風に煽られラインが斜めになりながらも、ボトムに着底と同時にアクションを開始。ワンジャークにリールのハンドルを2回巻き上げるやり方で様子をみていると、何かの違和感がラインに伝わる。ジグを持ち上げフォールで誘うと食ってきた!すかさずアワセを入れての巻き上げに。何度かラインが出るのと巻き上げられない。ドラグを少し締めてのゴリ巻きで上げてきたのはメジロ。この時期にこんなサイズが居るんだ……。

ボートジギングで青物&マダイ 季節外れのメジロも登場【徳島・鳴門】メジロサイズをキャッチ(提供:TSURINEWSライター賀川正志)

気を良くして次をと落としていると、トモに居る篠原さんの場所から魚の跳ねる音が聞こえる。「デカい?」と訪ねると50cmぐらいとのこと。これを皮きりにツバス~ハマチサイズが入れ食いになる!

このサイズならマイクロジグの投次郎にマスクドスピンのブレードを付けて誘うと楽しいのでは?と、ロッドを持ちかえるが、何が気に入らないのか触りもしない。篠原さんのジグには食ってきているから魚が居ないのではなく、このサイズのジグか斜め引きがダメなのかだ。

マイクロジグを諦め130gのジグに戻すとすんなりヒット。なんかゴツゴツとタイの引きみたいな頭を振るようだが何か違う。上がってくるとツバスの一荷!

ボートジギングで青物&マダイ 季節外れのメジロも登場【徳島・鳴門】ツバスが一荷でヒット(提供:TSURINEWSライター賀川正志)

次のページで良型マダイがヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。