人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:初めてのロッドの選び方

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:初めてのロッドの選び方

人気のアカハタゲームにおいて、ロッド選択に悩むアングラーも多いのではないだろうか。今回はアカハタゲームにおけるロッドの選び方を解説。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ベイトorスピニング

ベイトとスピニングはどちらも使用可能だ。しかし、起伏の激しいポイントではベイトの方が操作しやすい。ベイトタックルだとクラッチを切るだけでラインを出して底をとる操作が片手で素早くできるからだ。スピニングだとベールを起こしてイトを出して、またベールを返さなければならないため、ベイトよりも手間がかかる。

遠投が必要な場面では飛距離が出しやすいスピニングも有効だ。またスイミングパターンと呼ばれる巻きの釣りでは、スピニングが多用されている。

最初の一本は9ft

これから始めるアングラーはどのロッドを購入するか迷うだろう。現在は多くのメーカーから多様な専用ロッドが販売されているため、選択肢がかなり多い。その中でゴロタ浜や磯など様々なシチュエーションに対応可能なロッドを1本目のアカハタゲーム用ロッドとして選ぶといいだろう。

スペックとしてオススメなのは9ft前後のHパワーのロッドがいいと考えられる。その理由としては、ショートロッドの操作性とロングロッドの根掛かり回避能力の両方がある程度期待できるロッドの長さとパワーであるからだ。9ft前後のHパワーのロッドを基準として選択していただければ、間違いなく使用できる範囲も広いためオススメだ。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。