夜焚きイカ釣りでケンサキ好調 40cm級含め40匹【福岡・祐龍丸】

夜焚きイカ釣りでケンサキ好調 40cm級含め40匹【福岡・祐龍丸】

北九州市戸畑区の祐龍丸で夜焚きイカ釣りへ。連掛けもありケンサキイカは1人平均40匹、スルメイカも7~8匹交じった釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

祐龍丸で夜焚きイカ

当日の天気は、高気圧の圏内に入り風は南西から北の風でウネリは1mの予報になる。メンバーは戸畑区の佐田さんに小倉南区の岩倉さん、門司区の左右田さん、鈴木さんで、常連の方はミヨシより山中さんに黒谷さん、藤本さん、井上さんでの釣りになる。

出港時間は午後4時30分で4時前にみんながそろったところで出港になった。白島をすぎて響灘に出るとウネリはないが北の風が吹いている。

時間があるので船はゆっくり進み、ポイントに着くと船長は魚探でベイトの群れを探して見つけたところでシーアンカーを入れた。

良型ケンサキイカ登場

シーアンカーを張り終わるとすぐに釣り開始になり1投目を入れるが私のサオにはイカのアタリが出ない。

左舷船尾の佐田さんのサオに1投目かアタリが出て、上がって来たのを見るとケンサキイカの40cm級が釣れてくる。

夜焚きイカ釣りでケンサキ好調 40cm級含め40匹【福岡・祐龍丸】良型2連でゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

夕マヅメ前で太陽は沖ノ島の上にある。2投目を入れた佐田さんに再度アタリが出て、今度はケンサキがダブルで釣れた。

小さいアタリを拾う

7時前になって辺りが暗くなってライトを点灯しての釣りになったが、すぐにはイカも寄ってこない。ライト点灯から1時間もするとベイトも寄りだしたのか、イカのアタリが出だし、それも海底からでなく誘い上げてのアタリだった。

夜焚きイカ釣りでケンサキ好調 40cm級含め40匹【福岡・祐龍丸】こちらも良型(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

イカも連日たたかれて勉強をしているのか、スッテに乗るもサオ先に大きなアタリが出ない。

今回はイカメタルを使っていたがイカが浮いてこないので釣りづらかったのではと思われる。また、手釣りでされていた人もいたが、イカが足先だけでスッテを抱いているようで、イカの引きにうまくアワせることができずバラしてしまっていた。

昔、私も手釣りをしたこともあるが、イカが引くと緩めればいいのだが、反射的に強く握って急に引くのでしっかりと足切れを起こしてしまう。今はサオ釣りが主流になったので、身切れすることが少なくなってきているが……。

1人平均40匹キャッチで納竿

午前0時をすぎて船長からあと30分で納竿と伝えられた。当日の釣果は1人平均40匹でスルメイカは7~8匹交じりだった。

夜焚きイカ釣りでケンサキ好調 40cm級含め40匹【福岡・祐龍丸】45cm級の大型をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

同船はイカ釣りに関して超人気で、予約が取れにくいので早めに予約をするといいだろう。

<週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:祐龍丸
夜焚きイカ釣りでケンサキ好調 40cm級含め40匹【福岡・祐龍丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。