堤防の投げキス釣りで本命9尾 エサはジャリメが的中?【静岡・熱海港】

堤防の投げキス釣りで本命9尾 エサはジャリメが的中?【静岡・熱海港】

4月中旬、静岡の熱海港周辺へ釣行。終盤はジャリメが当たって連掛けもあり、良型2尾含み9尾にメゴチの釣果を得たので、その模様をリポートする。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・諸伏健一郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

熱海港で投げ釣り

現地には8時に到着。岸壁には、平日にもかかわらず、釣り人が多く、私は岸壁中ほどから竿を出した。

堤防の投げキス釣りで本命9尾 エサはジャリメが的中?【静岡・熱海港】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版・諸伏健一郎)

遠投を意識したタックルに、エサは前日に大磯のすずき釣具店の自動販売機で購入した東京スナメとジャリメを用意。5本バリに交互に付ける。

1投目を正面6色に投入。着底後サビくと、すぐに、アタッてリールを巻くが、キスにしては重すぎる。姿を見せたのはキタマクラ。しかも、ハリが1本切られておりこれも同魚の仕業。

その後は、投入の度にキタマクラが掛かり、それも、狙ったかのように、東京スナメだけを食ってくる。よほど、いい匂いがするのだろう。

ジャリメで20cm超え本命

1時間我慢して続けたが、一向に本命は釣れないので、5本バリのうち、4本にジャリメを付け、上バリだけに東京スナメを付けて正面5色に投入すると、すぐに竿先を引き込む本命らしいアタリで20cm超え本命。

堤防の投げキス釣りで本命9尾 エサはジャリメが的中?【静岡・熱海港】岸壁の様子(提供:週刊つりニュース関東版・諸伏健一郎)

エサを変えただけで、本命が釣れるということは、魚がいない訳ではなく、集魚効果の高い東京スナメでは、先にキタマクラにエサを取られるからだと推測。

2投目にも同級本命を追加。どちらもエサはジャリメ。ジャリメで十分に釣れることが分かったので、2投に1尾の割合で退屈しない程度に釣れるようになった。キタマクラも交じり、ハリが切られることもあるが。仕方がない。

良型交えキス連掛けも

終盤には、2連、3連と、2投で5尾と好調に釣れて、正午のチャイムで納竿した。釣果は、良型2尾含み9尾にメゴチ。仕掛けをサビくより、止めている間のアタリが多かった。

堤防の投げキス釣りで本命9尾 エサはジャリメが的中?【静岡・熱海港】良型を上げた筆者(提供:週刊つりニュース関東版・諸伏健一郎)

大型連休後は、水温が高くなり、港内に多数魚が入ると思われるので、今後に期待したい。

<週刊つりニュース関東版・諸伏健一郎/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
熱海港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年5月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。