爆風&雨の中で52cm『プリスポーン』バスをキャッチ【秋田・八郎潟】

爆風&雨の中で52cm『プリスポーン』バスをキャッチ【秋田・八郎潟】

GWの八郎潟は、春の嵐に見舞われました。釣り人にはキツイ天気になってしまいましたが、バスはスポーニングに向けて動き出しています。今回はGWの秋田県・八郎潟での釣行記を紹介します。

秋田県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターZUKA)

ZUKA

フィールドは八郎潟。バスフィッシングがメイン。初めてバスをゲットした感動を超える釣りを目指してます。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

八郎潟の状況

東北・秋田県にある八郎潟は春真っ盛りです。4月には一桁だった八郎潟の水温も5月に入って二桁になり、水の中にも春がやってきました。周辺の田んぼでは田植えも始まり、田植えに使う用水のため八郎潟の水位も上昇してきています。

湖の水温と水位の上昇によって、バスも越冬場モードからスポーニングへ移行してきています。日を追うごとに越冬場のディープからシャローに差してきていており、湖全体でプリスポーン状態になっています。

爆風&雨の中で52cm『プリスポーン』バスをキャッチ【秋田・八郎潟】水温はいよいよ二桁台に(提供:TSURINEWSライターZUKA)

プリスポーンの狙い方

八郎潟は今、全体的にプリスポーン状態です。プリスポーンの魚を相手にするので、シャローに狙いを絞りましょう。

ポイント

シャローに差してきたバスのほうが活性も高く、何よりプリスポーン特有のグッドコンディションの魚が釣れます。

また、水温が低く越冬場隣接のシャローが中心だった4月とは違い、水温と水位の上昇にともなってバスの行動範囲は広がっています。なので、本湖だけでなく、流入河川や水路のシャローも狙っていくことが重要です。

具体的には、流入河川や水路のシャローのカバーが釣れだしてきますので、そちらを積極的に狙っていきましょう。

使用ルアー

ルアーは、カバー撃ちのしやすい、ジグ・テキサスやスナッグレスネコリグがおすすめです。なお、ルアーサイズは大きめを使うと、よりビッグバスに効果的です。春はビッグバスを狙うことのできる貴重なシーズンですので、普段使っているルアーが4inchなら5inchや6inchへ、スモラバならフルサイズジグへ、という風に試してはどうでしょうか。また、八郎潟のバスはコンディションもよく、引きも強烈なのでラインも太めをチョイスしましょう。

爆風&雨の中で52cm『プリスポーン』バスをキャッチ【秋田・八郎潟】ルアーは大きめがいい(提供:TSURINEWSライターZUKA)

GWにバスフィッシング

GWの八郎潟釣行の結果、流入河川のカバー撃ちで52cmの八郎潟モンスターをキャッチすることができました。

釣行当日となったGWの八郎潟は春の嵐に見舞われ、爆風+雨の中での釣りとなりました。爆風により本湖では白波が立って釣りにならない状況でした。そのため、当日は『風を避けられる流入河川と水路を回る』というプランで釣りをしました。

流入河川や水路では、大雨と田植えによる濁りが入っており、雨という天候ではあったものの、バスは動き回るというより、物にピタッと付いている感じでした。また、水位も上昇しておりカバー撃ちには絶好のシチュエーションであったため、シャローカバーに狙いを絞ることにしました。

爆風&雨の中で52cm『プリスポーン』バスをキャッチ【秋田・八郎潟】流入河川のカバーを狙う(提供:TSURINEWSライターZUKA)

次のページで52cmのモンスター登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。