【2020-2021】大阪湾『メバリング』を振り返る 数は出ずも良型中心

【2020-2021】大阪湾『メバリング』を振り返る 数は出ずも良型中心

大阪湾近郊で昨冬~今春までのメバリングのシーズンが終わりに近づいている。各所を釣り歩いたが、今季は個人的に渋い年だった。その原因を自分なりに考え来期に繋げたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

今期の釣果

今期の特徴として、寒い冬だった。泉南に発信源のある海水温情報を見ていても、平年より1℃弱低かったようだ(1月、2月は10.5℃前後)。低水温が大きな要因となった年である。

釣果を振り返ると、しっかりと粘って釣った日でも、メバルの数は6匹に留まった。これはメバルアングラーならげっそりするような数だ。メバルはよほど気難しくなければ10匹はカタい釣り物で、大阪湾近郊にはそれこそ無数に釣り場もある。私も西は垂水、メインに大阪南港、南に泉南と足繁く通ったが、ほとんどスカを食らった印象しかない。渋かった。

渋かった原因

結論から述べると、渋かった原因は、低水温であることは間違いないだろう。メバルの適水温は14℃前後、これを多少下回っても食ってくるが、10℃前後となるとさすがに厳しい。

人的プレッシャーも

メバルアングラー人口は年々増加しているようだ。そうなるとメバルのように、「一度見たものは食わない」という賢い魚は難しくなる。他のアングラーにたたかれた後だと、やはり釣れにくい。

何よりも悩ましいのがアングラー増に伴う個体数減である。メバルやカサゴといった根魚は釣り人の持ち帰りで相当数減る。メバルは一年に4cm程度しか大きくならない。釣り場を来季に向けて温めるためには、小さいサイズはリリースメインで釣りたい。抱卵個体も同様で、まさしくその卵が次のメバルに育っていくのだから、卵持ちのお腹が大きいメバルもリリースしよう。

【2020-2021】大阪湾『メバリング』を振り返る 数は出ずも良型中心小型と抱卵個体はリリースしたい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

数は少ないが良型中心

私個人の今季のレコードで言うと、おそらくメバルを釣った数は、大型魚であるチヌにも劣る。この文章を書いている今は5月の連休前で、大阪南港では平年GW明けにぱったりメバルがいなくなる(あくまで筆者のイメージ)。ということで、これから数を伸ばすことにも期待できない。

だが、念願の尺メバルを出すことができたのはよかった。また昨年と比べて、全体に良型を獲れていると思う。またマイクロメタルという釣り方を発見できたのも高ポイントだ。

【2020-2021】大阪湾『メバリング』を振り返る 数は出ずも良型中心マイクロメタルで釣れると面白い(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページでは発見したパターンについて紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。