ナマズゲームで極太60cmクラス頭に3匹キャッチ【愛知・日光川】

ナマズゲームで極太60cmクラス頭に3匹キャッチ【愛知・日光川】

愛知県西部を流れる日光川にナマズを狙って釣行。バイトが少なく物足りない感じもしたが、4ヒットで3匹を釣ったので、リポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

日光川でナマズゲーム

いよいよ春本番。そろそろナマズたちが動き始める季節だ。と思っていたところに、ナマズマニアのマサミチ君からお誘いがあった。彼もまた、春の陽気に誘われて動き始めたようだ。

そんな訳で4月3日の夜、愛知県西部を流れる日光川に出かけてみた。稲沢市周辺のポイントに到着したのは午後7時半ごろ。まずは支流が流れ込む合流部から探る。

ナマズゲームで極太60cmクラス頭に3匹キャッチ【愛知・日光川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

先発は定番のジッターバグ。前のフックを外し、テール側だけバーブレスのダブルフックがセットしてある。ミスバイトの多い魚なのでハリ数を増やしたくなるが、実際はトラブルが増えるだけでヒット率は上がらない。20年以上の経験から出した結論は、シンプルイズベストだ。

本流域とあって川幅も広いので、可能な限り遠投して広範囲を探る。キャストごとに通すラインを変えていくが、反応は得られないまま時間だけが過ぎていく。

落ちパクで50cm級ゲット

「出ないね」などと言いながらキャストすると、なんと着水と同時にバフッと一発。まさか、聞こえていたのか?

ナマズゲームで極太60cmクラス頭に3匹キャッチ【愛知・日光川】今季初ナマズは50cm級(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

ようやくの1匹目は50cm級のレギュラーサイズ。何度もルアーを通した場所だったことを考えると、魚が回って来たのかも知れない。移動も考えていたが、少し粘ってみると今度はマサミチ君にバイト。派手な追い食いを見せたがヒットには至らない。

シャロークランクで60cm級追加

ここでルアーをサブワートに変更。フックの仕様は同じだ。ナマズと言えばノイジー系が定番だが、実はシャロークランクの表層引きも実績が高い。アップ気味にキャストし、流れを横切るように引いてくると足元で音もなくフッキング。

60cm級の良型だったが、何の前触れもないヒットは面白みに欠ける。ナマズと言えば追い食いに次ぐ追い食いで、くるぞ、くるぞ、きたぁ~!というドキドキ感がたまらないのだ。ぜいたくだが、こうもあっさりヒットされては困る。

ナマズゲームで極太60cmクラス頭に3匹キャッチ【愛知・日光川】シャロークランクの表層引きも効果的(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

一方マサミチ君は、くるぞ、くるぞ、抜けたぁ~!とミスバイトに苦しめられている。フックに装着したタコベイトにバイトしているようだ。

とはいえ、最初に比べると活性も上がってきた。しばらく続投すると、サブワートの後ろの水面が盛り上がる。よし、くるぞ!と次の瞬間、バフッという捕食音とともに一発で乗った。推定50cm級だったが、残念なことに抜き上げで外れてキャッチならず。

次のページでは善太川水系でさらに追釣り!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。