ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:茨城なめパックン

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:茨城なめパックン

いつもの釣りにプラスアルファで楽しめるのが、ご当地グルメやB級グルメだ。その土地ならではの味に舌鼓を打ち、風土や風習の違いに驚くのも面白い。今回は、茨城県『なめパックン』を紹介。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

茨城のなめパックン

霞ヶ浦水系や利根川水系を発端に、外道の中心的存在となっているのが”アメリカナマズ(別名チャネルキャットフィッシュ)”だ。

その繁殖力は凄まじく、北は宮城県の阿武隈川、南は滋賀県の琵琶湖でも存在が確認されている。雑食性で生態系を崩す危険のある厄介者だが、元々は食用として海外から移入されてきたもの。茨城県行方郡(現・行方市)では、1975年ごろからアメリカナマズの養殖が開始された。

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:茨城なめパックン嫌われ者のアメリカナマズがバーガーに(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

しかし網から逃げ出した同魚が、2000年ごろから霞ヶ浦全域で猛威をふるうようになってしまう。そこで2005年、3町(麻生町・行方町・玉造町)が合併して行方市が誕生した際に、話題性を含めて同魚を市の新名物とした。

最初はナマズの燻製を売りにしていたが、2009年に同魚をパテに用いたハンバーガー・行方バーガー『なめパックン』を、ご当地グルメとして誕生させたのだ。

釣り人からすると「ゲ~ッ」となるだろうが、食用のナマズなのでこれが意外に美味。筆者が食してみたところ、淡白でクセがなくペロッとたいらげてしまった。ちなみに私は元料理人で、舌には絶対の自信があるので間違いない。

ふれあいランド周辺

この『なめパックン』を販売している「道の駅たまつくり(行方市観光物産館こいこい)」に隣接する「霞ヶ浦ふれあいランド」は、展望台などがあるレジャー施設で、ファミリー釣行にも向いている。

そんな道の駅周辺は、霞ヶ浦有数のヘラ釣りスポットだ。例年ゴールデンウイークの時期に乗っ込みの最終便が狙えるのが、通称・ふれあいランド前と呼ばれる道の駅裏手のポイント。水門周辺のジャカゴがオススメで、竿は16~21尺ほどを用意すればいい。

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:茨城なめパックン本湖のジャカゴは長竿有利(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

本湖が荒れていたり、長竿が苦手な人は、同ポイントに流入する梶無川がオススメ。吐き出し周辺は15~18尺、国道354号に近づくにつれて竿が短くなり12~15尺ほどで楽しめる。

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:茨城なめパックン風が強い日に狙いたい梶無川(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

緩やかな流れがあるのでハリスオモリかドボン釣りで狙う。エサは両グルテンがメイン。臭いの強いエサはアメリカナマズの餌食になってしまうので注意。食すのはいいが、釣れては厄介だ。

初夏の釣行は”なめパックン”と”カスミの美ベラ”で決まりでしょ!

入釣無料。釣り台必携、長靴があると便利。

<週刊へらニュースAPC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
霞ヶ浦ふれあいランド前
入釣無料。釣り台必携、長靴があると便利。
この記事は『週刊へらニュース』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。