投げカレイ釣りで34cmマコ 潮動き出しでヒット【兵庫・東二見人工島】

投げカレイ釣りで34cmマコ 潮動き出しでヒット【兵庫・東二見人工島】

花見ガレイが絶好調の明石市の東二見人工島へ釣友を誘って釣行した。潮が流れ出した途端アタリが出て、34cmのマコガレイを仕留めた釣行をリポート。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松尾幸浩)

松尾幸浩

1954年兵庫県三木市生まれ。全日本サーフキャスティング連盟兵庫協会神戸投翔会名誉会長。DAIWAフィールドテスター。キス数釣り競技から大物狙い、遠投競技まで投げ釣りのあらゆる志向をこなすオールラウンダー。

×閉じる

海釣り 投釣り

東二見人工島で投げカレイ釣り

当日は沖向きの護岸に午前5時過ぎに到着。二人並んで釣り座を取り、薄っすらと明るくなって来たので早速タックルをセット。投げザオはトーナメントサーフT33号425、リールはサーフベーシア45QD。カレイバリ15号にアオイソメを房掛けにしてキャスト。置きザオにしてアタリを待つ。

投げカレイ釣りで34cmマコ 潮動き出しでヒット【兵庫・東二見人工島】東二見人工島の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター松尾幸浩)

空は曇っているが、早朝の冷え込みもなく暖かい。こんな過ごしやすい日が増えると人気釣り場は満員御礼になってしまう。この釣り場も4月上旬ごろから良型の花見ガレイが釣れ盛り、40cmオーバーのマコガレイもヒットして連日大フィーバーが続いているので、狙っていた南面の中央付近には先客がずらりとサオを出していた。

潮が流れ出し本命34cm

今日は中潮で満潮が午前10時ごろと、まだ潮も止まっており、こんな状態では期待薄。案の定、エサ取りの姿もなく房掛けのアオイソメがそのままの状態で上がってくる。

状況が好転したのは9時ごろ。ゆっくりと潮が西へ流れ、ラインがピーンと張ってくると、海面もざわつき雰囲気がよくなってチャンス到来。急いでエサも新しく取りかえて沖向きにキャスト。「さぁこい!」と、サオ先を注視すると、しばらくして、コンコン、グィーッと明確なアタリが出た。

「来たよ!」と、一呼吸待ってからバシッと、大きくアワせるとズシッとした重量感が腕に伝わり、足元に来てもグイグイと底へ締め込む好ファイトを見せる。上がって来たのは大きなマコガレイ。測ると34cmもあり、体力も十分回復して見事な魚体だ。これで周りの釣り人もやる気が出て来たようだ。

投げカレイ釣りで34cmマコ 潮動き出しでヒット【兵庫・東二見人工島】マコガレイ34cmを御用(提供:TSURINEWSライター松尾幸浩)

釣友に大物ヒットも・・

次にアタリが出たのは釣友のサオ。一気にボーンとサオ尻が浮き上がり、ドラグからはジィーッと悲鳴が聞こえて、三脚の上でシーソー状態。ここは大型マダイの回遊もあり、77cm、70cm、63cmと先週はヒットしているので、そんな大物に間違いない。釣友も魚に負けないように慎重に寄せて来たが、テトラ前の足元で最後の強烈な締め込みがあり、ハリスを飛ばされてバラしてしまった。これは本当に残念だった。

結局、昼過ぎまで粘ったが、潮が東へと引きにかわると、海藻がダンゴのように絡み付き、釣りづらくなったので残念だが納竿となった。良型のマコガレイは5月末までは狙えるので是非チャレンジして下さい。

<松尾幸浩/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
東二見人工島

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。