ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:群馬ひもかわうどん

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:群馬ひもかわうどん

いつもの釣りにプラスアルファで楽しめるのが、ご当地グルメやB級グルメだ。その土地ならではの味に舌鼓を打ち、風土や風習の違いに驚くのも面白い。今回は、群馬県『ひもかわうどん』を紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

群馬のひもかわうどん

山に囲まれた群馬県は、上州名物・からっ風で有名。その乾いた風が土壌を育てて、日本でも有数の小麦の産地として知られている。そのため上州では”粉もの文化”が古くから定着し、太田焼きそば・高崎パスタなど、粉ものB級グルメが豊富だ。

なかでもうどんは、昔からの郷土料理。桐生市を中心に愛されている『ひもかわうどん』はその代表格だ。

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:群馬ひもかわうどんきしめんよりも幅が広い(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

きしめんよりも幅が広い平打ちのうどんで、横幅は5~10cm以上もある。見た目のインパクトは凄いが厚みは1~2mmと薄くて食べやすく、つるんとしたノドごしが特徴だ。

つるんとしたのどごしを堪能

歴史を辿ると、きしめん発祥の地・愛知県芋川地方の『芋川うどん』が伝播したそうで、一説によると「芋川」がなまって”ひもかわ”になったとも言われている。

筆者が食してみたところ、はじめは食べ方(噛みきるタイミング)がわからず、悪戦苦闘した。それでも食べすすめるうちに慣れて、噛みきるよりも口いっぱいに頬張り、小麦の香りとのどごしを堪能するのがいちばんだった。見た目にド肝を抜かれるが、味は繊細。これぞ美味だ。

鹿の川沼でヘラブナ釣り

『ひもかわうどん』を堪能したあとは、同県みどり市にある鹿の川沼へGO。同所は周囲1.2kmのかんがい用ため池。魚影が濃くて、短~中尺竿で遊べるお手軽スポットだ。

池周辺は公園化されており、岩宿遺跡や博物館、温泉施設などが併設されていて、ファミリー釣行にもオススメだ。

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:群馬ひもかわうどん底釣りエリアの様子(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

池は中央から西側が底釣り、東側が自由釣り(タナ50cm以上規定)エリアに分かれている。各所に看板が設置されているので、エリアに迷うことはないだろう。

ヘラブナ釣りとセットで食べたい『ご当地グルメ』:群馬ひもかわうどん土手から見た自由釣りエリア(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

「ウドン」と釣りを「セット」で

水深は平均して1本半。竿は10尺前後でよく、エサは両ダンゴがメイン。ウキは動くがジャミも多いので、これをどう捌くかが釣果のカギを握る。

人気釣り場だけに魚も賢いので、水面下に魚は見えるが意外と難しい。短時間でも十分熱くなれるだろう。

なお、釣り台の脚と背後にあるフェンスをロープで結ぶ(安全のため)のがルールになっている。常連もきちんと守っているので、必ず行うようにしよう。

いつもはヘラに食わせてばかりだが、たまには人間も”ウドン”を食べないと。『ひもかわうどん』と『鹿の川沼』、当然”セット”で楽しもう。

<週刊へらニュースAPC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鹿の川沼
入釣無料、釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。