釣りデビューの前に知っておこう:堤防で釣れる危険な『毒魚』4選

釣りデビューの前に知っておこう:堤防で釣れる危険な『毒魚』4選

手軽で楽しい陸っぱりの釣りだが、知らないと大変なことになる危険な魚が釣れることもある。ここでは知っておきたい「波止で釣れる危険な魚」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

番外編/スベスベマンジュウガニ

危険レベル:★★★★★

危険部位:筋肉

詳細:甲羅の独特な文様がかっこいいカニ。名前や見た目はかわいいが、体内に毒を持っている。食べると命を落とす危険があるので「お腹が減ったから」とか「バーベキューしよう」とか言って、食べたりするのはやめよう

毒の種類:テトロドトキシン、麻痺性貝毒

対処:解毒方法は見つかっていない。速やかに人工呼吸をおこない、すぐに救急車を呼ぶこと。麻痺性貝毒もテトロドトキシンも同じく、呼吸困難を引き起こす。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。