『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】

『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】

山梨県南都留郡富士河口湖町にある西湖へワカサギ釣行。メガサギの拾い釣りと群れの釣りを両方楽しみつつ、「1,117尾」と大釣りを達成できたのでレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

西湖でワカサギ釣り

今回の船宿は西湖にある釣舟白根。同店ではボートでのワカサギ釣りが可能であり、この時期はヒメマスとワカサギを両方楽しむ釣り師が多い。こちらは優しい船頭さん、女将さんの接客が素晴らしく、とても親切な船宿。西湖のポイントは広大であるが、近日好調の傾向などを詳しく教えてくれるので心強い。

『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】西湖の桜は満開だった(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

出船前、帰着後もお店でのんびりできて、私にとってはなにより『釣果も秤できちんと確認してくれる』のが嬉しいところだ。間違いなくオススメの船宿である。

朝イチから釣り開始

6時過ぎに店に到着して受付となるが、この時期は朝も早いので数名のワカサギ師が釣りをしていた。船頭、女将さんよりお茶やコーヒーを頂き最近の状況を情報収集。ボート料金を払い6時30分より出船し魚探で確認しつつ、良さげなブイに係留した。

『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】店前ポイントからの風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

底層にパラパラと映る魚影で厚い群れは確認できないが、釣り座を作り準備出来次第釣り開始だ。

『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】釣り座を作り釣り開始(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

自作先調子竿35cmに延長アダプターを取り付けて、電動リールは2丁。仕掛けは自作仕掛け7本針袖1号と、下針構成が2本分。オモリはメガサギメインと聞いたのでオマツリ防止を考慮して3号を使い、エサは紅サシ・白サシで計5袋用意した。

「メガサギ」多点掛け連発

6時50分頃の開始からポツポツと底層のメガサギが釣れ続くが、2点が出始めるとたまに3点掛けで掛かり時速100尾ペースとイイ感じである。

『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】釣れるサイズは平均6gと大きい(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

水深10m前後のポイントでアタリは常にもらえる釣りなので、退屈はしないうえ釣り味抜群のメガサギが連発だ。

8時、9時とほぼ変わらないペースを維持していき、9時の時点で285尾をカウント。夕方17時まで釣りが可能であることから残り最大で約8時間可能だ。嬉しいゲストにヒメマスも数尾掛かり、気分的にもなにより順調である。

『メガワカサギ』釣りで「1,117尾」の大釣り 総重量は7.2kg【西湖】嬉しいゲストのヒメマスも(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

順調過ぎて午後まではどうなるか色々考えながら釣りをしていたが、今日はとても理想的な展開に恵まれることになる。

次のページは好調継続で1000尾突破!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。