沖堤防での投げサビキでデカアジを狙う 常連の技ヒントに本命手中

沖堤防での投げサビキでデカアジを狙う 常連の技ヒントに本命手中

4月3日、和田防波堤で投げサビキに挑戦してきた。常連とは釣果に大差がついてしまったが、学んだこともあったので、その点にも触れて当日の様子を綴ってみたい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

伴野慶幸

へっぽこ釣り師の伴野慶幸です。尼崎~垂水間の渡船利用の沖堤防 がメインフィールドです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

河内渡船で和田防波堤へ

今回釣行した神戸・和田防波堤は、ポートアイランド西側に位置する全長1140mの沖防波堤で、神戸港の沖防波堤の中でも人気の高い屈指の好釣り場だ。特に春のシーズンは、乗っ込みチヌのメッカと評され、一段と多くの釣り人が訪れる。

渡船店は複数あるが、私が利用するのはこのエリアの老舗、河内渡船。和田防、新波止、ポートアイランド赤灯波止の3か所に渡しており、多くの常連から寄せられる日々の生きた情報のほか、フィッシングマックス神戸ハーバー店とも協力関係にあるので、情報収集や下調べには事欠かない。特に、今春にリニューアルしたホームページは、釣果情報以外にも、利用案内、釣り人からの写真投稿ページなど、内容が一層充実された。

なお、大阪湾の沖波止は全域で救命胴衣の着用が義務付けられているので注意のこと。また、河内渡船をあまり利用されない人は、利用案内に関するページを事前に見て確認しておくと、釣行当日にスムーズに乗船手続きが済むと思う。

沖堤防での投げサビキでデカアジを狙う 常連の技ヒントに本命手中和田防波堤の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

出船前に情報収集

当日の出船前に店で船長に遠投ウキサビキの最近の様子聞くと、「今は西側の、ごく狭い場所でしか釣れていない。始発便でそこに入らないと厳しい。」と教えてくれた。大体の場所は頭に入れて、店から少し離れた乗船場に移動すると、チヌ狙いのフカセ釣り、遠投ウキサビキ、ウキ釣り、ルアーと、様々な釣り方の釣り人たちが次々と集まってきた。

あちこちで釣友同志の釣り談義に花が咲いていたが、中でも常連同志の会話は貴重な情報収集の場だ。「今年は際までチヌが寄ってこない。フカセでもポイントが遠い」、「爆釣があらへん。時合いも短い」と、釣果情報にも名を連ねる名手たちにとっては、今年の乗っ込み期序盤戦の状況は物足りないようだ。

そうした中で「今日はアジや。釣れるんちゃうかな」と、既に飛ばしウキをセットした釣りザオをロッドケースの外に用意している、デカアジの二桁釣果を何度もあげている常連の姿があった。これは私にとって吉と、その常連の構えた釣り座の近くで釣ることに決めた。

朝5時過ぎ、始発便は熱気溢れる40人ほどの釣り人を乗せて出船した。

知っておきたい防波堤の構造

和田防に到着すると、私は西寄りの場所で下り、遠投ウキサビキの常連が構えた釣り座の隣に私も荷物を置いて準備にとりかかった。和田防の遠投ウキサビキは、防波堤の構造を知ることが必要だ。外向き(沖向き)はテトラ帯、内向き(陸向き)は手前から沖20mぐらいまでは海底に敷石が積まれ水深は浅い。従って、内向きの遠投ウキサビキ釣りは、タナをウキ下10m前後に設定するので、30m以上の遠投が必要になる。

なお、和田防の構造の詳細は、河内渡船のホームページに図解が載っているので、そちらをご覧いただきたい。当日は小潮で9時過ぎの満潮の後、下げ潮となるので、8時~10時頃の間が勝負と考えた。

沖堤防での投げサビキでデカアジを狙う 常連の技ヒントに本命手中内向きでサオ出し(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

遠投ウキサビキのタックル

タックルは5.4mの遠投仕様の磯ザオ5号にミチイト5号を巻いたスピニングリール、デカアジ・大サバ狙いなので、飛ばしウキは中通しのフロートウキ20号を選択した。クッションゴムを介して、色めの大人しいハリス3号のスキンサビキを接続し、その下にまきエサカゴを付けたテンビンをセットした。テンビンのエダ先にも3本バリの遠投用サビキを接続し、幅広いタナで魚を狙うのが私の釣り方。

さらに一工夫として、デカアジ・大サバがマイクロベイトと呼ばれるイワシやボラの稚魚を捕食していることから、サビキバリのいくつかに、稚魚に似せたワームをアクセントとして付けた。

沖堤防での投げサビキでデカアジを狙う 常連の技ヒントに本命手中当日のタックル(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

次のページで当日の釣りの模様を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。