ロックショアにおけるフローティングベストの重要性 専用タイプの長所は?

ロックショアにおけるフローティングベストの重要性 専用タイプの長所は?

ロックショアにおいてフローティングベストは必ず着用する必要がある。なぜフローティングベストを着用しなければならないか解説したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

海釣り 磯釣り

ロックショアの危険性

フローティングベストとは、浮力材が入っているベストのことで、安全対策のために着用するアイテムのことである。落水時に水に浮くだけでなく、転倒時のクッションとしても役立つため、ロックショアで釣りをするアングラーにとっては必須のアイテムだ。

ロックショアは危険と隣り合わせであることを忘れずに釣りをしたい。外洋に面している場所では周期的にデカい波が来ることもあるし、足場がスリッピーな場所もあり、落水や転倒が起こりやすい。安全装備をしっかりとしてロックショアの釣りを行うことが必要だ。

ロックショアで釣りをしているとフローティングベストを着用していない人を見かけることが多い。しかも夜間のロックショアでの釣りで着用していないアングラーも多数見かける。危ないので絶対にやめてもらいたい。命あっての釣りなので、安全に釣りをするためにフローティングベストを着用していただきたい。

着用しなければならない理由

ロックショアでフローティングベストを着用しなければならない理由は以下の2つだ。

落水時に命を守る

フローティングベストを正しく着用して落水すると、しっかりと水に浮くことができる。季節や水温にもよるが、水に浮いていられたら落水しても命を落とす可能性を低くすることが期待できる。

転倒時の怪我を最小限にする

磯などの足場が悪いポイントでは、気をつけていても転倒することがある。転倒により岩に激しく身体をぶつけてしまうことがある。岩肌が荒々しい磯で転んでぶつけるとかなりの衝撃となる。フローティングベストを着用しているとそのような衝撃を和らげる効果が期待できる。

着用時の注意点

フローティングベストを着用する時の注意点は以下の通りだ。

サイズが合っているものを

サイズが合っていないと落水時にフローティングベストが機能しない可能性がある。最近では釣りをする女性が増えたこともあり、レディースサイズもあるので要チェックだ。

また釣りをする前にサイズの調整をすることも忘れずに行いたい。サイズ調整用のベルトが数カ所に付いているので、フローティングベストが身体にピッタリと合うように絞める必要がある。

ロックショアにおけるフローティングベストの重要性 専用タイプの長所は?しっかりとベルトで固定する(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

季節によっては防寒着を着たり、薄着になったりするためフィット感がかなり変わるので、このような時はベルトでの調整をしっかりと行いたい。

必ず股紐をする

股紐が付いているタイプのフローティングベストを着用する時は必ず股紐に足を通す。股紐をしておかないと自分の身体が沈み、フローティングベストのみが浮いている状態になり、身体からすっぽ抜け、全く意味をなさなくなる。

ロックショアにおけるフローティングベストの重要性 専用タイプの長所は?必ず股紐に足を通す(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

また先ほど同様に股紐も緩みがない様に締めておく必要がある。緩みがあるとほぼすっぽ抜けたのと同様の状態になる。必ず締めて着用する必要がある。

次のページで専用タイプを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。