沖のヒラマサジギングで11kg大マサ手中 スローなアクションが当たり

沖のヒラマサジギングで11kg大マサ手中 スローなアクションが当たり

福岡県・博多湾から出る遊漁船ベイスタイルでヒラマサをジギングで狙った。私にとって、初の大型ヒラマサに出会うことのできた釣行をレポートします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ フィッシング経営専攻1年 北岡勇哉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ベイスタイルでヒラマサ狙い

3月25日。福岡県の博多湾から出る遊漁船ベイスタイルを利用し、ジギングの人気ターゲット「ヒラマサ」を求め玄界灘へ向かった。

午前6時半出港。そして8時前、待ちに待ったファーストポイントに到着。ここは24日、25日とキャスティングで釣れたとの情報なので、キャスティングからスタート。ルアーはラピード160。しかし、情報とは裏腹に気配はない。

沖のヒラマサジギングで11kg大マサ手中 スローなアクションが当たり当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 北岡勇哉)

良型アラゲット

次のポイントに移動するとすぐに、後方から「食った!」と大きな声。ロッドがしなるが叩いてはいないようだった。フャイトの末、上がってきたのは大きくとてもかっこいいアラ。良いサイズだ。

沖のヒラマサジギングで11kg大マサ手中 スローなアクションが当たり大きくとてもかっこいいアラ(提供:週刊つりニュース西部版 北岡勇哉)

ヒラマサ6kg浮上

ポイントを移動し、ジギングで出そうな雰囲気だったためジギングに変更。周りの同行者がスピニングリールでアタっていなかったため、まずはベイトリールを使用。ジグはメサイア セミロング210gのシルバーカラーだ。水深は49m。同行者が早いピッチでシャクっていたため、一般的なスロージギングより少しスローに誘う。

そして、ボトムから10mほど上でラインのテンションが抜けたときに、ゴンッ!とロッドが持っていかれた。なかなかの強い引きで元気がいい。上がってきたのは6kgほどのヒラマサだ。この日初めてのヒラマサに船内が活気づく。

沖のヒラマサジギングで11kg大マサ手中 スローなアクションが当たり本命ヒラマサゲット(提供:週刊つりニュース西部版 北岡勇哉)

次のページで11kg大型ヒラマサ見参!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。