投げ&チョイ投げでキスの接岸検証 2ヶ所ランガンで計9匹【和歌山】

投げ&チョイ投げでキスの接岸検証 2ヶ所ランガンで計9匹【和歌山】

シーズンインにはまだ速いが、キスの状況を確認するために和歌山の扇ヶ浜と芳養に釣行してきた。それぞれ投げ釣りとチョイ投げで狙い、釣果を得たのでリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野博)

牧野博

初めて投げ竿を持ったのはもう50年近く前、関東で就職してからクラブに入会し、投げ釣りの面白さに魅了されました。根掛かりの多い砂地の磯場や河口内でわざわざ引き釣りをするという特異な習性があるほか、秋にはヘラ竿を持って汽水域を徘徊することもあるようです。

×閉じる

海釣り 投釣り

3月後半にキス調査

ウグイスが鳴き始め、本格的な春の到来が感じられるようになった。水温はまだ低いが、紀南方面では徐々にキスの動きが感じられるようになってきた。

2月中旬に印南港でのキス釣りをリポートしたが、ここのところ気温の高い日が続いていて、田辺湾の周辺でも遠投できれば十分2ケタ釣果が望めるだろう。チョイ投げで狙う場合、一般的には5月連休過ぎからが手堅いところだ。しかし今回は敢えて厳しい3月後半にチョイ投げ中心で試し釣りしてみた。

前半は扇ヶ浜で普通の投げ釣りでキスの動きを確かめてから、場所を芳養漁港に変更、港内をチョイ投げで探り、いつものライト感覚の釣りでどのくらいキスと遭遇できるかというチャレンジである。

扇ヶ浜で投げキス釣り

3月25日の午前中は雨であった。昼食をとってしばらくすると雨が止んだので扇ヶ浜に向かう。公園として整備されているので駐車場が広く、徒歩0分の便利な釣り場である。駐車場の直下の護岸の中心部から投げたのは午後1時半ごろ。

竿はスカイキャスターの30号、オモリは新製品のスピードデルナ―天秤の27号である。仕掛けは全長1.8mとし、アスリートキス6号の4本バリを使った。

投げ&チョイ投げでキスの接岸検証 2ヶ所ランガンで計9匹【和歌山】扇ヶ浜の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター牧野博)

5色ゾーンで本命ヒット

潮は込み始めていたが、沖のテトラに向かって6色程投げる。5色ゾーンで小さいながらもはっきりとした魚信をキャッチ。ゆっくり食わせてからリーリングすると15cmのキス。1投目から釣果があったので、キスは動き始めていると判断できる。

投げ&チョイ投げでキスの接岸検証 2ヶ所ランガンで計9匹【和歌山】1投目に釣れたキス(提供:TSURINEWSライター牧野博)

ただ、護岸のすぐ先が捨て石ゾーン&海藻帯なので、ここで高速のリーリングを強いられ、キスが外れることもあった。ここでは約1時間半探ってピンギス~15cmまでを4匹。次回に南側の石積み護岸から再度チャレンジすることとして一度竿を仕舞う。

▼この釣り場について
扇ヶ浜

次のページでは芳養漁港でのチョイ投げをリポート

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。