タイラバゲームでマダイ不発も良型アマダイ&レンコダイ【三重】

タイラバゲームでマダイ不発も良型アマダイ&レンコダイ【三重】

春のマダイ、アマダイ狙いでのタイラバで、三重県・南勢町の方座浦に出かけた。美味しいお土産をキャッチした釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・奥田敦人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

方座浦でタイラバゲーム

午前7時に三重県・南勢町の方座浦に集合。この日は午後から小雨の予報だが、波は非常に穏やかで無風の状態。

7時半に出船し15分でポイントに到着した。水深は70~80m。最初は80gのタイラバをチョイス。タイラバは落としてボトムを取り巻く。この繰り返しでフォール中のヒットを狙う釣りでもあるが、慣れるまではフォール中のヒットを狙うのは難しい。

慣れるまではフォール狙いは無視し、着底後魚に見切られる前にすぐ巻き上げを開始し、追ってくる魚をじっくり待ちながらアタリを待つ方がいいだろう。

重量級ヒットもバラし

この日はボトムから25m付近を狙うようにした。投入し着底後すぐに巻き始める。一連の動作を繰り返していると、コツコツと何かがつついている感じが伝わってきた。

焦らず一定速で巻き続けると、ググッとサオが曲がり手元に重みが伝わってきた。慌てずゆっくりと巻き上げる。ずっしりと重いが、次の瞬間頭を大きく振られバレてしまった。かなりの手応えだったため、非常に悔しい1匹となった。

高級魚続々登場

気を取り直してタイラバを投入するが、その後はアタリがない。ここでポイント移動となった。少し沖へ移動し仕掛けを投入すると、ググッとサオが曲がった。最初は抵抗するが、その後はスーッと上がってくる。見えたのは20cmほどのアマダイだった。

そして隣の紗季さんにもヒット。上がってきたのはまたしてもアマダイ。少しサイズアップし30cmほどだった。さらに隣のエサ釣り隊長の仲君にもヒット。上がってきたのは10cmほどのキンギョ。その後も仲君はキンギョ、エソ、エソ、キンギョと他の追撃を許さずドヤ顔を決めている。

タイラバゲームでマダイ不発も良型アマダイ&レンコダイ【三重】レンコダイ(キダイ)もキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・奥田敦人)

そしてポイント移動し紗季さんにヒット。サオがいい曲がりをしている。上がってきたのは30cmほどのアオハタだ。

タイラバゲームでマダイ不発も良型アマダイ&レンコダイ【三重】アオハタゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・奥田敦人)

しばらくアタリがなくなり、集中力が落ちてきたところで船長が叫ぶ。見ると青物らしき魚がベイトを追いかけ、突進し跳ねている。慌てて回収し、キャスティングのサオに持ち替える。だが2~3投で姿は見えなくなり消えてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまった。

良型アマダイが連発

そしてポイントチェンジ。気を取り直しタイラバ投入。すると早速アタリがあった。グググッと勢いよく底に突っ込み、ずっしり重い。上がってきたのは43cmの良型アマダイだった。うれしい1匹だ。そして隣の紗季さんにもヒット。これまた良型のアマダイ37cm。

タイラバゲームでマダイ不発も良型アマダイ&レンコダイ【三重】おいしい魚がズラリ(提供:週刊つりニュース中部版APC・奥田敦人)

さらに隊長の仲君にもレンコダイ(キダイ)がヒット。これを最後にアタリがなくなり、雨も降ってきたのでの午後12時半に納竿とした。

タイラバゲームでマダイ不発も良型アマダイ&レンコダイ【三重】レンコダイは刺し身で(提供:週刊つりニュース中部版APC・奥田敦人)

<週刊つりニュース中部版APC・奥田敦人/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
方座浦沖
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。