【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

茨城県と千葉県から沖釣り最新釣果情報が入った。イワシ泳がせで1mカンダイ登場。マダイやイサキにヤリイカなど、多彩な魚種で活性上昇中。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:勝丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

茨城県:弁天丸

茨城会瀬の弁天丸でマダイが大釣り。3月30日は真沖の水深30~50mを探り、トップ21匹だった。型では5kgを筆頭に2kgや1.8kgなども顔をだして、まさに絶好調。28日には3.4kgも仕留められており狙いめ。ゲストはホウボウやクロメバル、ハナダイ、フグなどで、多彩な土産が期待できる。同宿はオキメバルでも受け付けており、日並みで23~41匹とこちらも面白そうだ。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上マダイ大釣り(提供:弁天丸)
▼この釣り船について:弁天丸
【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

茨城県:かもめ丸

茨城那珂湊出船のかもめ丸はイカ釣りが得意な船宿で、イカファンにとって頼もしい存在。現在はヤリイカ狙いで出船中。3月26日は6~48匹、25日は11~43匹だった「活きイカパック」のサービスが嬉しい。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上ヤリイカ熱い(提供:かもめ丸)
▼この釣り船について:かもめ丸
【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

千葉県:九十九里海釣りセンター

外房片貝にある九十九里海釣りセンターはさまざまな魚種を釣ることができる海の釣り堀。現在はマダイやシマアジ、青物、ギンザケなどが放流されており、連日、竿を曲げている。特にマダイの釣果は堅く、20匹の制限があるほど。「楽しみに行ったけれど、何も釣れなかった」という悲しい思いをすることはまずないだろう。施設だけに足場はよく、安全性が高いので年配の人や児童も安心。放流される魚種は時期によってさまざま。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上マダイ堅調(提供:九十九里海釣りセンター)
▼この釣り場について
九十九里海釣りセンター

千葉県:春日丸

外房大原の春日丸は大型船2隻で出船中。現在、メインとなっているヒラメ&マハタやヤリイカ、状況でルアー青物やショウサイフグ、テンヤマダイなど対応してくれる釣り物は幅広い。ヒラメは定期的に良型が上がっていて、3月31日には5kg級が、30日には3.5kgが顔を出した。マハタは日並みで2kg級含み1~4匹。ヤリイカは群れの状況で波はあるが、トップ30匹が有望。同港には午後出船があるので、朝が苦手な人にとって嬉しい体制だ。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上ヒラメ安定で良型もヒット(提供:春日丸)
▼この釣り船について:春日丸
【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

千葉県:宮川丸

内房木更津の宮川丸はルアータチウオや夜ルアーで出船中。数は出にくい状況だが、127cmなどが顔を出しておりドカンと一発の大物狙いが面白そうだ。夜のソフトルアー船では3月27日、31cm頭にアジ1~30匹と22cmなどメバル1~16匹、カサゴなど。写真は当日の様子。また、沖堤防への渡船も行っており、アジやクロダイが有望。また、投げてシロギス、ルアーではシーバスがぽつぽつ上がっている状況だ。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上夜のソフトルアー船で良型のカサゴが登場(提供:宮川丸)
▼この釣り船について:宮川丸
【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

千葉県:彦次郎丸

内房上総湊の彦次郎丸はマダイやカワハギで受付中。後者は現在、仕立のみになっており乗合はマダイのみ。同地におけるマダイ釣りの特徴はなんといってもシャクリ釣り。手バネを使ったシンプルな道具でダイレクトな引きを堪能できる。釣り方は独特だが、船長が実践をもって指導してくれるので気軽に挑戦してみよう。また、ひとつテンヤなど定番釣法での乗船が可能だ。3月30日は1kgを頭に0~2匹。27日には3kgのグッドサイズが仕留められている。「いつもとはちょっと違うマダイ釣りを」という人に好適だ。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上シャクリマダイでグッドサイズ登場(提供:彦次郎丸)
▼この釣り船について:彦次郎丸
【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

千葉県:竜一丸

南房イサキは気温とともに急上昇。西川名の竜一丸では30日、26~38cm50~50匹。良型が多く交じりクーラー満タンの人多数。この日はシケ後で水温が下がったが、活性は上々で、今後も期待できそう。なお、同船では、4月からは午前と午後の一日2便体制となる。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上イサキ急上昇(提供:竜一丸)
▼この釣り船について
竜一丸
出船場所:川名漁港

千葉県:勝丸

南房洲の崎の勝丸では27日午後、仕立で出船。イワシ泳がせで根魚を狙いマハタやアカハタ、オオモンハタ、アオハタなど多彩な釣果。なかでも、この日一番の大物は1m級カンダイ。なお、午前はオニカサゴで出船し2~7匹。浅場の活イワシ泳がせ~中深場のオニまで、多彩な根魚釣りが楽しめる。

【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上活イワシで特大カンダイ(提供:勝丸)
▼この釣り船について:勝丸
【茨城・千葉】沖釣り最新釣果情報 イワシ泳がせで1mカンダイ参上

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。