春の『SLJ』で2kgマハタ キモは専用フック&ライン【千葉・広布号】

春の『SLJ』で2kgマハタ キモは専用フック&ライン【千葉・広布号】

春の外房でのSLJ(スーパーライトジギング)ゲームの釣行の様子を紹介。専用フックやラインで攻略し、最後にはドラマも到来?!

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 大高)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

専用フックで価値ある1尾を

ミヨシでシャクリ続ける佐藤さんにカサゴがヒット。「小型だけど嬉しい」と価値ある1尾。95gのジグにアバニ オーシャンワークスSLJ ベアクローのセッティング。SLJ専用のフックで、特に深場のスロージギングに求められる「絡めとるようなフッキング性能を追求したモデル」とのこと。

春の『SLJ』で2kgマハタ キモは専用フック&ライン【千葉・広布号】カサゴをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 大高)

深場狙いの根魚狙いや、「beat × VARIVAS Baby ZIGRAY(ベビージグレイ)オリジナルカラー」のような、スローに上げてフォールでしっかりとアピールするようなジグとの相性がいい。

ちなみに、beat社のbabyZIGRAYのバリバスオリジナルカラーに新ラインナップが登場。75g以降の重さを昨年秋に発売し、この春30g,45g,55g,65gが新発売となった。カラーはバリバスブルー、サーモンさぁや、SGGKと使いやすいカラーが揃っている。

春の『SLJ』で2kgマハタ キモは専用フック&ライン【千葉・広布号】beat社のbabyZIGRAYオリカラ(提供:週刊つりニュース関東版 大高)

フックサイズについては、「ジグの前後に付けて、それぞれが絡まないギリギリの長さを選ぶといい」とのこと。サイズ展開豊富なので、好みのジグとのベストセッティングも決まりやすいはず。

常連客にもマハタが登場

沖上がりまであとわずか、この日乗り合わせたミヨシの山崎さんにヒット。船中4尾目となる1.5kg級のマハタ。タングステン製の60gのジグに「アバニ オーシャンワークスSLJ リトルモンスター」の組み合わせ。

春の『SLJ』で2kgマハタ キモは専用フック&ライン【千葉・広布号】良型マハタヒット(提供:週刊つりニュース関東版 大高)

こちらもベアクロー同様、掛かりがよく、不意の大物にも対応できる強度と、リングやコードなどの小物類まで使い勝手が追求されたSLJ専用フック。この釣りを看板にする同船では船上で販売しており、まさに船長や常連たちの折り紙付き。

春の『SLJ』で2kgマハタ キモは専用フック&ライン【千葉・広布号】専用フック&ラインで手堅く(提供:週刊つりニュース関東版 大高)

次のページでラストに2kg級マハタ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。