近所の川で小型淡水魚と遊ぼう:「釣り上げた後」の楽しみ方と注意点

近所の川で小型淡水魚と遊ぼう:「釣り上げた後」の楽しみ方と注意点

近所の川で手軽に楽しめる淡水小物釣り。魅力いっぱいのこの釣りを、さらに楽しくするために、今回は釣り上げた魚の楽しみ方と注意点を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターかやまあつみ)

かやまあつみ

東京近郊の釣り場がメインですが、たまに北海道に行くこともあります。なぜか名人に出会って教えてもらうことが多いです。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

魚を弱らせない方法

釣った魚を魚籠(ビク)ではなくバケツなどに入れておく場合、小型エアーポンプや酸素タブレットが重宝。魚が弱らず、見ていても気持ちがいいものです。

小型エアーポンプ

乾電池を使うので、念のため電池の予備を用意しておくと安心です。

近所の川で小型淡水魚と遊ぼう:「釣り上げた後」の楽しみ方と注意点魚を弱らせないためにはエアポンプが必要(提供:TSURINEWSライターかやまあつみ)

酸素タブレット

電力不要で手軽。一度水に入れると長期間酸素を出し続けるので、小割にして使い切った方がいいと思います。

※タブレットが水に溶けると水質が変化していくので、魚への影響があるかもしれません。 なるべく小型エアーポンプを使い、酸素タブレットは補助的に考えておいた方がいいでしょう。

酸素タブレットと小型エアーポンプの併用

小型エアーポンプの電池が切れてしまったときや、酸素量を増やしたい時などは併用もいいかもしれません。

家で魚を飼う、放流、撮影、いずれの場合も、こうした魚を弱らせない工夫がその日の釣りを楽しくします。

<かやまあつみ/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。