東京湾LTアジで爆釣満喫 嬉しいゲストにホシザメも手中【黒川本家】

東京湾LTアジで爆釣満喫 嬉しいゲストにホシザメも手中【黒川本家】

3月10日、好調に釣れている東京湾のアジを狙って、横浜山下橋の黒川本家の午前船で釣行。スロースタートだったが、後半の爆釣で数釣ることができた釣りの模様をお届けする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

黒川本家でLTアジ

6時に到着すると、駐車場は満車で、人気のほどがうかがえる。この日は、私がパーソナリティーをしているラジオ番組のリスナーが「釣りがもっと上手になりたい」と同行。右舷胴の間に並んで入る。

東京湾LTアジで爆釣満喫 嬉しいゲストにホシザメも手中【黒川本家】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

定刻7時、三村恭介船長の操船で離岸。ポイントは5、6分の超近場。ベイブリッジを見上げる港内の水深13mで開始。「タナは底から3mでやってください」と投入の合図。ビシ着底後、イトフケを取り、リールハンドルを3回転巻いたところでコマセを振りだし、さらに1回転半巻き上げてアタリを待つ。

ハンドル回数でタナ取りを

リスナーのウリ坊さんはライトタックル用小型リールを使用。底から5回転巻いたらコマセを振って、2回転巻き上げた位置がタナになる。

アジ釣りはタナ取りが大事。ミチイトの色やマーカーで合わせてもいいが、使うリールの1回転が何cm巻き取るか必ずチェックしておき、ハンドル回数で手返ししたほうが効率がいい。

東京湾LTアジで爆釣満喫 嬉しいゲストにホシザメも手中【黒川本家】夫婦でゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

海上はナギで、横浜の景色を見ながら15分ほどコマセをまくが船中アタリなし。そこで船長は小移動を告げ、水深15mのベイブリッジ正面へ。再開すると数分後にアタリがきて、20cm級が顔をだす。

イシモチ登場で丁寧に

ミヨシ側では25cmのイシモチ。経験上、イシモチが周りにいると、臆病なアジは怯えて食いが悪くなる。エサを食ってもしっかり飲み込まないので、アタリが弱かったり、掛かりが浅くバレてしまう。

こんなときは、一荷を待たず、1尾ずつていねいにゆっくり取り込む。この日はこれを実践しても途中のバラシが多発。そこで、アタったらキュッとしっかりアワせる作戦にする。これが功を奏し、順調に釣れだした。

70cm超えホシザメ浮上

9時をすぎると、北風が吹き始める。港内も白波が立つが、船の揺れは思ったほどではない。それでも、手返しのとき、仕掛けが風に舞って釣りづらい。

潮色はやや澄み気味で、この日は定番の青イソメエサより赤短のほうが食いがいい。しばらくすると、竿にハモノの強烈なアタリ。リールのクラッチをフリーにして急な突っ込みに応戦。やがて姿を見せたのは70cm超のホシザメ。

東京湾LTアジで爆釣満喫 嬉しいゲストにホシザメも手中【黒川本家】嬉しいゲストのホシザメ(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

とても美味しいので、心のなかでガッツポーズ。刺し身は甘味があり、天ぷらやフライ、煮つけと、釣り人だけが味わえる絶品。血抜きと内臓を取り除いてクーラーへしまう。

東京湾LTアジで爆釣満喫 嬉しいゲストにホシザメも手中【黒川本家】ヒレは干してフカヒレスープに(提供:週刊つりニュース関東版APC・野田栄)

次のページは入れ食いのなかラジオ生中継!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。