管理釣り場でニジマス20匹 雨天だからこその釣果?【北方川釣り体験場】

管理釣り場でニジマス20匹 雨天だからこその釣果?【北方川釣り体験場】

3月13日、愛知県一宮市にあるニジマスの管理釣り場「北方川釣り体験場」を訪れた。雨と濁りのコンディションだったが、ニジマス20尾超を釣り上げた釣行をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

北方川釣り体験場へ釣行

午前8時にスタートフィッシング。当日は雨天のため、人が少なく人為的プレッシャーが少ない。こういった状況では、ニジマスがスレるスピードが遅くなり、警戒心の強い大型のヒット率も上がるので楽しみだ。

管理釣り場でニジマス20匹 雨天だからこその釣果?【北方川釣り体験場】雨天で人が少ない(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

ただし、ハードルがひとつ。それは、昨夜の強い雨により、流れ込んだ泥水が、十数m先までの川面を強く濁らせていたこと。このため、川底の形状や魚の追尾状況を視覚で確認できない。

それでも、これぐらいハンディがあったほうが、ゲームフィッシング本来の面白さが楽しめると、ポジティブに受け止めた。

赤金カラーのクランクに1匹目

まずは、サーチベイトの赤金カラーのクランクで様子を見る。十数m以上先の笹濁りした水域では、ライズやバイトがあるが、濁りが強い手前の水域は皆無。

クランクの飛距離からすると、2mも引けば濁りの強い水域に突入してしまう。ゆっくり潜行させていては、有効レンジを長く攻められない。そこで、着水後に勢いをつけてロッドを押し下げ、クランクを一気に潜らせて有効レンジを引く距離をかせいだ。

これが奏功し、周囲に先んじてヒットを得ることができた。

管理釣り場でニジマス20匹 雨天だからこその釣果?【北方川釣り体験場】赤金カラーのクランクで(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

隣の釣り人に45cmの良型

こうして2~3匹キャッチしたところで、隣のネット際にいた人にビッグヒット。鋭いドラグ音をくり返し奏でたあと、ネットに収まったのは45cmほどのニジマス。ボトムスレスレでヒットしたとのことだった。

管理釣り場でニジマス20匹 雨天だからこその釣果?【北方川釣り体験場】45cmアップのニジマスも出た(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

スプーンで連続キャッチ

その後、私はルアーをスプーンに変更。向かい風と、拡大していく濁りの向こうに届くよう、飛距離の出る2.5gを選択した。

ライズしている水域は対岸付近のシャロー。2.5gのスプーンでは、すぐにボトムを擦ってしまう。そこで、スプーンがシャローを通過しているうちはロッドを立て、沈みすぎないようにした。

するとこれが奏功し、連続でキャッチ。ロッドを立てているため、ラインがたるみ、アタリを取りにくいが、魚がルアーをくわえるとモサ~と抵抗を感じる。この感触やラインの動きを頼りに巻きアワセでフッキングし、ヒットさせていった。

管理釣り場でニジマス20匹 雨天だからこその釣果?【北方川釣り体験場】2.5gのスプーンを遠投してヒットを連発(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。